粉瘤(アテローム)について

粉瘤(アテローム)とは

粉瘤(ふんりゅう)は、垢や皮脂などの老廃物が皮膚の内部にたまることによってできる、良性の腫瘍のことです。皮膚の内側に袋が形成され、本来剥がれ落ちるはずだった老廃物がその袋に入りこんだものと言えます。

粉瘤・アテロームの原因

ほとんどの粉瘤の原因は現状ではわかっておりません。何らかの原因で皮膚の垢が皮膚の内側に蓄積してしまい、角質物質の周りの皮膚が皮膚の下で袋状に発達することで起きます。まれに外傷が原因になることがあります。

粉瘤・アテロームの症状


  • 初期症状は自覚が難しい

    初期の症状では、皮膚の下にしこりが見られることにとどまり、皮膚表面上には症状が現れないことが多いため、自覚することが少ないです。初めは非常に小さい袋ですが、角質や皮脂は袋の外には出られないため、どんどん溜まっていきます。それに伴い、粉瘤も少しずつ大きくなっていきます。


  • 炎症の危険性も

    粉瘤には小さな穴が開いていて、そこに細菌が入り込むと感染を引き起こしてしまいます。感染し、炎症を起こした粉瘤は「炎症性粉瘤」と呼ばれ、多くの場合は痛みや熟感、そして赤みなどの症状が伴います。膿みを出すため、迅速な排膿手術が必要な場合もあります。


  • 「できもの」や「ニキビ」と
    間違えている場合も

    単なるできもの、おでき、脂肪のかたまりと考え、特に気にしないまま放置している方もおり、ニキビと間違えていることもあります。そしてある日、炎症や化膿が起きてから病院に駆け込む場合があります。

粉瘤・アテロームを自分でなんとかしようとするのは危険

「自分で潰せそうだから、潰しちゃっても良いのでしょうか・・・?」
こうしたご質問を受けることがございますが、自分で潰すことは絶対に避け、医療機関を受診してください

気になるからと言って無理に潰したりすると、細菌が入り込み感染を招き、あっという間に2~3倍の大きさになり、炎症を起こして痛みを伴うようになってしまいます。また、粉瘤の袋が周囲と癒着しやすくなり、傷跡が綺麗に消えにくくなってしまいます。
これは傷跡にこだわる医師にとっては大変残念なことです。

さらに、粉瘤は放っておくと年々肥大化します
今すぐ体に異常を来すということはなくとも、早めに医療機関で治療を受けることをお勧めします。

粉瘤・アテロームを自分でなんとかしようとするのは危険

アイシークリニックの
粉瘤治療へのこだわり

従来の方法で粉瘤治療を行うと、かなり目立つ傷が残ってしまいます。特に、顔や首の粉瘤を取り除く場合や女性の患者さんの場合、傷はできるかぎり目立たなくしたいという方が非常に多いです。

そこで、アイシークリニックでは、「くりぬき方法」と呼ばれる方法で粉瘤の手術を行っております。

アイシークリニックの粉瘤治療へのこだわり

従来の粉瘤の治療方法

これまで粉瘤の手術においては、非常にシンプルな手術方法がとられていました。
皮膚を紡錘(ぼうすい)形に切開し、粉瘤を取り除いてから縫い合わせるという手術です。
この方法だと、例えば2cmの粉瘤を切除するのに、2cm以上の傷ができることになります。
かなり大きく目立つ傷が残ってしまうという弱点があるのです。

治療方法「くりぬき法(へそ抜き法)」

くりぬき法とは?

特殊なパンチのような道具で粉瘤に小さな穴をあけ、そこから粉瘤の内容物を絞り出した後に、しぼんだ粉瘤の袋を抜き取る方法です。
このくりぬき方法で手術を行いますと、手術後にもほとんど傷は目立ちません。
手術を受けるにあたり、『傷跡を残したくない』『できるだけ綺麗に仕上げたい』と思うのは当然のことです。
アイシークリニックでは、症状に応じてくりぬき法による治療を提案しております。

くりぬき法とは?

くりぬき法の特徴としては、「傷跡が小さく、目立たなくてすむ」、「手術時間が非常に短い」などと一般的に言われています。

くりぬき法のメリット

アイシークリニックにおける粉瘤の手術


手術を行うにあたって

まず、そもそも患者様の症状が粉瘤なのかどうかという判断も含め、診察を受けて頂きます。
その際、患者様にとって最善の治療方法を判断いたします。

手術時間

数mm程度の小さな粉瘤の場合は5分程度で手術が終わることもよくありますので、診察後にその場で迅速に手術でお取りすることが可能です。
ある程度大きな粉瘤は診察後に予約をお取りいただき、改めて予約日に手術を行うこともあります。
大きい粉瘤であっても、手術は長くて20分程度で終了する治療を目指しています。

手術時の痛み

手術は局所麻酔をしてから行うため、痛みのほとんどない治療を目指しています。
ただ、局所麻酔を注入する際にほんの少し痛みを伴います。アイシークリニックでは、麻酔の痛みも抑えるため極細の針を用いるなどの工夫をしております。

手術を行うにあたって

くりぬき方法による治療の流れ

  • 手術前に切除を行う粉瘤をペンでマーキング。

  • 局所麻酔を注射。

  • トレパンと呼ばれる特殊なパンチで粉瘤に穴をあける。
    内容物を揉み出しながら手術することで壁も取り出せます。

  • 粉瘤を手術的に抜き取る

  • そのまま手術終了。または、縫い合わせる。

  • 傷の治りをよくする軟膏を塗り、湿潤療法を取り入れています。

もちろん、くり抜き方法でなく従来の方法で手術を行う方が良いと思われる場合には、そちらを優先いたします。
患者様とじっくり話し合い、丁寧に診察した上で、患者様にとって最善な方法で手術にあたっております。

また、程度の小さな粉瘤でしたら、別日に手術を行わなくとも、診察後にその場でお取りすることが可能です。
それよりも大きな粉瘤は診察後に予約をお取りいただき、改めて別日に手術を行います。

手術後の注意点

粉瘤の手術の後は、通常であれば抜糸の必要はありません。
なにか心配なことや不安なことがあった場合にいつでも対応いたしますので、ご安心ください。

飲酒・運動は可能?

出血の可能性があるため、手術当日・翌日の飲酒と運動は控えて頂きたいと考えております。それ以降は医師の指示によりますが、原則、普段通りでかまいません。
ただ、関節部分に位置する粉瘤を治療した際には、サイズによってはもう少し安静を必要とします。

入浴は可能?

お風呂に関しては、手術当日は出血のリスクがあるため、入浴は控えていただきます。
翌日以降はシャワー浴にて石けんで傷を洗っていただいておりますが、お風呂・プールは清潔でないため、約1週間は、シャワーのみでお願いいたします。

手術跡・傷跡について

粉瘤というのは手術的にお取りするものなので、残念ながら全く傷が残らないということはありえませんが、傷跡がもっとも目立たない方法をご提案しております。

  • 傷の治りをよくする軟膏を塗り、湿潤療法を取り入れています。

  • 徐々に傷痕はなじむことが予想されます。

粉瘤治療の料金

粉瘤の治療にあたっては、診断、検査、手術、病理検査に対して保険が効きますのでご安心下さい。

粉瘤治療の料金

手術給付金について

生命保険会社や共済組合などの医療保険に加入されている方で、医師の診察を受け、保険診療で手術を受けられた場合は手術給付金が受けられることがあります。

生命保険に加入していても、本人による手続きがないと給付されません

医師の診断書が必要な場合は受診時に必ずお伝えください。

加入している生命保険会社、共済組合などがあれば御確認下さい。
(「皮膚皮下腫瘍摘出術」などが手術名となります)


患者様からご好評いただいている
当院の6つの特長

  • チーム医療

    日本形成外科学会形成外科専門医のもと、皮膚科医や形成外科医がチームとなって手術を行っています。

  • 痛みをケア

    幅広い手術方法から日本形成外科学会形成外科専門医のもと最適な方法を選択し、痛みが少ない治療を目指します。

  • 目立ちにくい傷跡

    「くりぬき法」という粉瘤の手術方法を取り入れ、目立ちにくい手術跡を目指します。

  • 保険診療が可能

    当院の粉瘤手術は健康保険適用で、費用面も安心です。

  • 日帰り手術もOK

    手術時間は長くて20分で終わる治療を目指しています。小さな粉瘤では5分程度で手術が終わることもよくあります。

  • アクセス良好

    JR新宿南口、JR渋谷駅といった都心ターミナル駅から徒歩3分の好立地です。

当院には下記のような患者様が多数来院されています

  • 顔や首など目立つ場所
    できた粉瘤をできるだけ
    綺麗に治療したい
  • 仕事が忙しく、
    まとまった治療時間が取れないビジネスマン
  • 手術後の仕上がりの
    美しさ
    にこだわっている
    女性

監修者医師

  • 金沢大学医学部医学科卒業、金沢大学附属病院勤務
  • 金沢医科大学病院形成外科勤務
  • 金沢医科大学形成外科助教
  • 金沢医科大学大学院医学研究科修了、富山県立中央病院形成外科部長
  • 2018年12月よりアイシークリニック新宿院院長就任
  • 日本形成外科学会形成外科専門医、医学博士

  • 筑波大学医学専門学群医学類卒業
  • 東京大学医学部付属病院勤務
  • 独立行政法人労働者健康安全機構 横浜労災病院勤務
  • 国立研究開発法人 国立国際医療研究センター病院勤務を経て当院勤務
  • 日本整形外科学会、東日本手外科学会、末梢神経学会、日本職業・災害医学会
  • 日本整形外科学会整形外科専門医
アイシークリニック新宿院 アイシークリニック渋谷院
お電話での予約はこちらから
トップへ戻る