ご予約はこちらから ▼

WEB予約

性別をお選びください

女性

男性

アイシークリニック新宿院 アイシークリニック渋谷院 アイシークリニック上野院 アイシークリニック池袋院
お電話での予約はこちらから
1分で入力完了、簡単WEB予約
こちらは女性向けのメニューです。男性の方はこちらから >>

GLP-1注射とは?期待できるダイエット効果と副作用を解説

「つらい運動のダイエットが続かない」
「無理せずに体重を落としたい」

などとお考えではありませんか?

GLP-1注射は「痩せるホルモン」とも呼ばれるGLP-1を投与するメディカルダイエットです。体内のGLP-1の量を増やすことによって、食欲減退を促し体重減少を目指します。

こちらのページでは、GLP-1の詳細から期待できるダイエット効果について詳しく解説します。

GLP-1とは?体内で分泌されているホルモンの一種

GLP-1とは?体内で分泌されているホルモンの一種

GLP-1とは、もともと人の体内に存在するホルモンです。

食事の際に小腸から分泌されるホルモンの一種で、太りやすい人と太りにくい人の違いは、このGLP-1が関係しているとされています。

体内のGLP-1が少ないと食欲を抑えられず、食べすぎてしまうため太りやすいです。一方、GLP-1が多ければ食事は適量で満足し、太りにくい体質となります。

GLP-1は「痩せるホルモン」とも言われており、注射などで体内へGLP-1を投与することでダイエット効果を期待できます。

GLP-1を補う薬「GLP-1受容体作動薬」の作用機序

「GLP-1受容体作動薬」は、体内のGLP-1を補う薬剤です。

もともと2型糖尿病の治療薬として開発された注射薬で、膵臓のGLP-1受容体と結合してインスリン分泌を促し、血糖値を下げるはたらきがあります。

また、食欲を抑える作用も特徴的で、GLP-1受容体作動薬を投与することで食事中の満腹感が現れやすく、さらに食間もお腹が空きにくくなるケースがほとんどです。

食事量が減って結果的に体重減少につながることから、ダイエット目的としても注目を集めています。

GLP-1注射における糖尿病薬とダイエット薬の違いは?

GLP-1受容体作動薬において、糖尿病薬とダイエット薬に大きな違いはありません。

もともと糖尿病の治療薬として開発されたものが、一部ダイエット目的で利用されるようになった経緯があるためです。

ただし、どのGLP-1受容体作動薬もダイエット目的で利用していいわけではありません。

ダイエット目的で用いられるGLP-1注射には以下のものがあります。

  • サクセンダ
  • ビクトーザ
  • オゼンピック

など

そのうち、サクセンダは肥満症治療薬として開発されたものです。

ビクトーザとオゼンピックは糖尿病治療薬ですが、当院では患者さまの状況にあわせて処方するケースがあります。

ダイエット目的で利用されるGLP-1注射「サクセンダ」

ダイエット目的で開発されたGLP-1注射は「サクセンダ」のみです。

日本ではまだ未承認の治療薬ですが、アメリカをはじめとした世界各国では肥満症の治療薬として認可されています。

サクセンダは0.6mg刻みで、一回の投与量を0.6〜3.0mgに調節できます。一方、ビクトーザと呼ばれるサクセンダと同成分のGLP-1は、一回の投与量が0.3〜1.8mgとされているので、サクセンダの投与量がやや多いです。

そのため、サクセンダは食欲減退の効果がより期待できます。

GLP-1注射のダイエット効果は?食欲の減退による体重減少

GLP-1注射のダイエット効果は?食欲の減退による体重減少

GLP-1注射には、以下のようなダイエット効果が期待できます。

  • 食欲を抑える
  • 脂肪を分解させやすくする
  • 基礎代謝を上げる

GLP-1は食欲を感じる脳の器官に作用し、食べる量をコントロールするはたらきがあります。

GLP-1が不足していると食べすぎてしまう傾向にありますが、GLP-1を投与することによって少ない食事量で満腹感を得られやすく、食べすぎを防ぐことが可能です。

また、脂肪を分解させやすくなったり、基礎代謝が上がったりするので、ダイエット効果を得られるだけでなく太りにくい体質にもなります。

GLP-1ダイエット薬の入手方法は?個人輸入での入手は危険

GLP-1のダイエット薬は日本では未承認のため、クリニックなどで処方してもらう必要があります。

海外のものを独自で輸入する「個人輸入」の手段を用いれば、手に入れることも可能ですがとても危険です。

日本医師会でさえ、医師が処方しているGLP-1注射に関して注意喚起を行っています。

信用度の低い輸入業者から入手したものは、健康被害のリスクも考えられます。GLP-1はクリニックや病院で処方されたものを使いましょう。

メディカルダイエット「GLP-1注射」の価格

当院のGLP-1の料金詳細はダイエット・痩身の料金表をご覧ください。

GLP-1注射に関するよくある質問

GLP-1注射に関するよくある質問

ここからは、GLP-1注射に関するよくある質問について回答していきます。

Q.GLP-1注射を打つ際に痛みはありますか?

個人差はありますが、基本的に痛みはほとんどありません。

GLP-1の投与には細くて短い針を使用します。痛みを感じる「痛点」を通過しないため、ほとんど痛みを感じずに注射を打つことができます。

Q.副作用にはどのようなことが考えられますか?

GLP-1注射を開始した初期段階では、胃の不快感、はっている感じ、便秘、下痢、頭痛などの症状が出ることがあります。また、注射部位に内出血や赤み、腫れが出ることもあります。

副作用が出ても、継続して注射を打つことで症状が軽くなり消えていくことがほとんどです。

また、重大な副作用として急性膵炎や低血糖などが考えられますが、当院はしっかりと検査を行った上で診療をしていきます。

そのため、糖尿病の方や膵臓に異常がある方など、持病を抱えられている方には治療を行えない可能性があります。

Q.食べ物やサプリからGLP-1を増やすことはできますか?

食べ物やサプリでGLP-1を増やすことはできません。GLP-1は経口摂取すると消化管内の消化酵素によって分解されてしまうためです。

EPAを摂取するとGLP-1の分泌を促すとされていますが、食事やEPAサプリなどからGLP-1を直接増やすことはできません。

Q.GLP-1注射が保険適用になるケースはありますか?

ダイエット目的のGLP-1注射は自由診療なので、費用は患者さまの全額負担となります。

当院では分割決済も可能ですので、料金にご不安がある方は気兼ねなくご相談ください。

Q.GLP-1注射の打ち方!1日1回自分で注射

GLP-1注射は1日1回、以下の手順で自分で投与します。

  1. 注射針の差込口をアルコール綿で拭きあげ
  2. 付属の針を差込口に装着
  3. 投与する量にダイアルをセット
  4. お腹に垂直に刺入し、ダイアルが0mgになるまで注入
  5. 注入後、6秒間ボタンを押したまま
  6. 注射針を取り外して終了

注射および使い捨ての針は一般ゴミとして捨てられませんので、保管して後日クリニックへお戻しください。

当院は、患者さまの体質や状況を把握し、一人ひとりに合った投与量を調整し指導していきます。

GLP-1注射のダイエットはアイシークリニックへ

GLP-1注射のダイエットはアイシークリニックへ

GLP-1注射は食欲減退による体重減少を目指すメディカルダイエットです。体内のGLP-1を増やすことで、減量だけでなく太りにくい体質にすることも可能です。

アイシークリニックは対面診療によってGLP-1の投与・指導を行っております。

患者さま一人ひとりに合わせて投与量を調整し、実際に減量の結果が伴ってくればさらに投与量を調整し、最終的にGLP-1を使用しない生活を目指していきます。

GLP-1注射でダイエットをお考えの方は、一度アイシークリニックへご相談ください。

アイシークリニック診療予約・
お問い合わせ

WEB予約

監修者医師

高桑 康太 医師

・2009年 東京大学医学部医学科卒業
・2012年 東京大学医学部附属病院勤務
・2019年 当院治療責任者就任

佐藤 昌樹 医師

2010年 筑波大学医学部卒
2012年 東京大学医学部附属病院勤務
2017年 アイシークリニック入職