ご予約はこちらから ▼

WEB予約

◀︎保険診療メニュー

◀︎美容メニュー

性別をお選びください

女性

男性

アイシークリニック新宿院 アイシークリニック渋谷院 アイシークリニック上野院 アイシークリニック池袋院
お電話での予約はこちらから
1分で入力完了、簡単WEB予約
こちらは女性向けのメニューです。男性の方はこちらから >>

ピコレーザーとは?3つの照射モードや期待できる効果、失敗のリスクまで解説

「最近シミやそばかすが目立ってきた」
「ニキビ跡をきれいにしたい」
「昔入れたタトゥーを消したい」

などとお考えではありませんか?

ピコレーザーはシミやくすみなどに効果が期待できる治療機器です。照射時間の短いレーザーを用いることで、皮膚のダメージや痛みを抑えられます。

こちらのページでは、ピコレーザーの効果やメリット・デメリットなどをまとめました。ピコレーザーの料金やダウンタイムについても解説していますので、ぜひ最後までご覧ください。

ピコレーザーとは?シミやタトゥーを除去できる

ピコレーザーはシミやタトゥーを除去できる

ピコレーザーとは、シミや肝斑除去に効果が期待できるレーザー治療法です。

照射時間の短いレーザーを当てることで、シミなどの原因となるメラニン色素を破壊します。

従来、シミの除去には、ナノ秒(10億分の1秒)単位で照射できる「Qスイッチレーザー」が用いられていました。

一方、ピコレーザーはナノ秒よりも短いピコ秒(1兆分の1秒)単位での照射を行えるレーザー治療機です。

ピコレーザーはQスイッチレーザーと比べても痛みが少なく、色素沈着を起こしくい上に施術後のリスクを軽減できる次世代の治療法です。

アイシークリニックは「エンライトンSR」をご用意

アイシークリニックでは、厚生労働省およびFDA(米国食品医薬品局)の認可を受けたピコレーザー「エンライトンSR」を使用しています。
(参照:医療機器の保険適用について|厚生労働省

エンライトンSRは、さまざまな肌質に合わせて細かな設定ができるピコレーザーです。

SRとは”Skin Revitalization”、つまり「肌の再生」を意味しています。シミをはじめとした色素沈着の除去やシワの改善、ニキビ跡の改善などのお肌の悩みに対して治療効果を発揮します。

ダウンタイムはほとんどなく、少ない治療回数で効果を実感しやすいため、気兼ねなく施術を受けていただくことが可能です。

ピコレーザーの3つの照射モード

ピコレーザーの3つの照射モード

ピコレーザーには、以下3つの照射モードがあります。

  • ピコトーニング
  • ピコフラクショナル
  • ピコスポット

照射モードを使い分けることで、一人ひとりの肌の悩みに合わせた治療を行えるのがピコレーザーの特徴です。

ここからは、3つの照射モードについて具体的に解説します。

①ピコトーニング

ピコトーニングは、低出力のレーザーを顔の広い範囲に照射してメラニンを少しずつ減らす治療法です。

従来の高出力レーザーでは、肝斑に刺激を与え、かえって症状を悪化させてしまうリスクがありました。

しかし、ピコトーニングなら肝斑に対応しており、他のレーザー治療を断られた方でも施術できる可能性があります。

また、施術時の痛みが少なく、ダウンタイムをほとんど必要としない点もメリットです。

詳しくは以下のページで解説しているので、ピコトーニングを受けたい方はご覧ください。

ピコトーニングはシミや肝斑に効果がある?治療の流れと経過、治療間隔まで解説|アイシークリニック

②ピコフラクショナル

ピコフラクショナルは、点状に集中したレーザーを肌の深部に当て、新しい皮膚への再生を促す治療法です。

ニキビ・ニキビ跡の改善や小じわの除去、肌のハリをアップさせるなど、総合的な肌質の改善が期待できます。

ピコフラクショナルの治療は皮膚の表面をほとんど傷つけないため、痛みやダウンタイムが少なくてすむことが特徴的です。施術後に赤くなる場合もありますが、多くは1日~数日で治癒します。

以下のページでは、ピコフラクショナルの詳細について解説しているので、気になる方はこちらもお読みください。

ピコフラクショナルレーザーとは?期待できる2つの効果や料金を解説|アイシークリニック

③ピコスポット

ピコスポットは、シミなどの気になる部位を集中的に照射して除去する治療法です。

出力の強いレーザーを照射するため、短い時間でシミやそばかす、アートメイクなどの色素沈着を除去できます。

輪ゴムで弾いたような痛みがあるものの、肌へのダメージは少ないです。

また個人差はありますが、ダウンタイムがほとんどなく、施術後すぐにメイクすることもでできます。治療後に炎症性の色素沈着を引き起こすリスクも少ないです。

ピコレーザーの施術で期待できる3つの効果

ピコレーザーの施術で期待できる3つの効果

ピコレーザーの施術では、以下3つの効果が期待できます。

  • シミや肝斑の除去
  • ニキビ跡・毛穴開きの改善
  • タトゥーや刺青の除去

ピコレーザーは3つの照射モードを使い分けることで、さまざまなお肌のトラブルに効果が期待できます。

ここからは、それぞれの効果を詳しく解説します。

①シミや肝斑の除去

ピコレーザーはメラニン色素を除去できるレーザー治療です。そのため、メラニン色素が原因のシミや肝斑の除去が可能です。

個人差はありますが、通常1~2回の治療でシミが目立たなくなります。

また、従来のレーザー治療では肝斑を除去することができませんでしたが、ピコレーザーであれば除去が可能です。

低出力レーザーを用いるピコトーニングなら、肝斑を少しずつ薄くすることができます。

②ニキビ跡・毛穴開きの改善

ピコレーザーはニキビ跡や毛穴開きにも効果が期待できます。

ニキビの炎症が進行すると、周囲の組織が破壊されクレーター(陥凹性瘢痕)を作ります。

ピコフラクショナルは、微細なレーザーを照射することで皮膚の再生を促す治療法なので、ニキビだけでなくニキビ跡のクレーター改善にも有効です。

また、紫外線や加齢によって生じる毛穴開きにも効果が期待できます。開いた毛穴を引き締めることで、肌本来の弾力を取り戻し、肌質の向上や化粧ノリの改善にもつながります。

③タトゥーや刺青の除去

ピコレーザーはタトゥーや刺青、アートメイクの除去にも有効です。

従来のレーザーよりも細かい色素の粒子を破壊できるため、少ない治療回数で、タトゥーやアートメイクを薄くすることができます。

とはいえ、1回のレーザー照射でタトゥーを完全に消すことはできません。色の深さやインクの種類によって異なりますが、10回以上の照射を要するケースもあります。

医師の詳しい診察により、照射回数の目安をお伝えすることが可能です。

タトゥー・アートメイクの除去や、シミ・肝斑の除去をご希望される方は、ぜひ当院までお越しください。

ピコレーザーの3つのメリット

ピコレーザーの3つのメリット

ピコレーザーはさまざまなお肌の悩みを改善できるだけでなく、施術に関して以下3つのメリットがあります。

  • 肌へのダメージが少ない
  • 施術後のダウンタイムが少ない
  • 少ない施術回数で高い効果が実感できる

レーザー治療はお肌へのダメージやダウンタイムを伴うものですが、ピコレーザーはそのようなリスクが少ないです。ここからは、それぞれのメリットを詳しく解説します。

①肌へのダメージが少ない

ピコレーザーは肌へのダメージが少ないことが特徴です。

1兆分の1秒単位で照射するため、熱による肌への負担がほとんどなく、施術中の痛みも強くありません。

人によって痛みの感じ方は異なりますが、輪ゴムではじかれたような刺激があると感じる程度となります。

そのため、基本的には麻酔をせずに施術を受けていただけます。

当院では必要に応じて麻酔クリームの塗布も行いますので、痛みが苦手な方はお気兼ねなくご相談ください。

②施術後のダウンタイムが少ない

ピコレーザーは施術後のダウンタイムが少ないことも特徴です。

ダウンタイムとは、レーザー治療後に腫れやむくみ、アザなどが発生し、その後肌が元の状態に戻るまでの期間を指します。

従来のCO2フラクショナルレーザーは、長期間のダウンタイムを要し、患部をテープなどで保護する必要がありました。

ピコレーザーは肌への負担が少ない治療法であるため、ダウンタイムがほとんどありません。

基本的に患部をテープで保護する必要もなく、医師による指導のもと、施術後すぐにメイクをすることも可能です。

ただし、施術後の肌はとてもデリケートになっています。洗顔やマッサージをするときは、患部に強い刺激を与えないように注意してください。

③少ない施術回数で高い効果が実感できる

ピコトーニングは、色素の粒子を細かく粉砕できるレーザー治療で、壊された色素は細かいため身体の代謝機能で体外へ排出されやすいです。

そのため、少ない施術回数で肌の変化が期待できる治療法です。

ただし、1回の照射で全ての人が効果を実感できるとは限りません。

症状にもよりますが、一般的なシミの除去であれば1~3回程度のピコスポット照射で効果を実感することができます。

また、ニキビ跡や毛穴の改善、細かなシワの除去であれば、5〜10回程度のピコトーニング・ピコフラクショナル照射で効果が期待できます。

なお、施術の間隔は1ヶ月に1回程度です。

ピコレーザーのデメリット

ピコレーザーの3つのデメリット

ピコレーザーには以下のようなデメリットがあります。

  • 施術料金がやや高い
  • 術後に色素沈着など肌トラブルを起こす可能性がある
  • 術後は保湿や紫外線対策を行う必要がある

施術を受けるクリニックによって料金は異なりますが、ピコレーザーは施術料金がやや高い傾向にあります。

施術内容や照射範囲などによっても変わるため、予算や施術料金などについてクリニックで相談しましょう。

また、施術後に色素沈着や肌荒れといった肌トラブルを起こす可能性があります。症状は基本的に一時的なものですが、お肌の体質によっては色素沈着が残り続けるリスクも否定できません。

そのほか、肌荒れを防ぐためにも、術後は保湿や紫外線対策もしっかりと行いましょう。

ピコレーザーで失敗することはある?色素沈着しやすい方の特徴

ピコレーザーで失敗することはある?

ピコレーザーは熱作用の少ない治療法です。そのため、肌へのダメージが少なく、炎症後色素沈着も起こりにくいです。

炎症後色素沈着とは、強い熱作用によって皮膚が炎症を起こし、一時的に新たなシミを生じる現象です。

ピコレーザーは低リスクとはいえ、色素沈着の可能性がゼロではありません。

色素沈着しやすい方の特徴としては、

  • 日焼けしやすい方
  • ターンオーバー(肌の新陳代謝)が乱れている方

が挙げられます。

日焼けしやすい方は紫外線対策を、ターンオーバーが乱れている方は角質ケアなどを行うことで、色素沈着を予防できます。

ご自身の肌の状態が心配な方は、ぜひ一度当院へご相談ください。

ピコレーザーの治療の流れ

当院のピコレーザー治療の流れは次の通りです。

  1. 問診・診察
    担当医師が肌の状態を診察します。ピコレーザーは3種類の異なる波長を用いるため、それぞれの肌質や体質にあわせたアプローチをご提案いたします。
  2. レーザー照射
    患部の大きさや形を確認した後にレーザー照射を開始します。このとき、治療内容によっては事前に麻酔クリームを塗布する場合があります。麻酔を用いない場合でも、痛みがないか確認しながら照射を進めますので、リラックスした状態で施術を受けていただくことが可能です。照射が終わったら、患部をしっかりと冷却します。
  3. アフターケア
    担当医の指導のもと施術後すぐにメイクをして帰宅可能です。ただし、化粧水や乳液での保湿、日焼け止めクリームでの紫外線対策を欠かさないようにしてください。治療内容によっては、約1ヶ月程度の間隔を空けて次回の照射を行います。

治療内容により、約1ヶ月程度の間隔を空けて次の施術にお越しいただけます。

ピコレーザー施術後の経過

ピコレーザーの治療の流れ

ピコレーザーの治療後、患部は次のような経過をたどります。

  1. レーザー照射後に患部が一時的に白くなる
  2. その後患部が黒くかさぶたのようになる
  3. 1週間程度で新しい皮膚ができ、自然にかさぶたがはがれる
  4. かさぶたがはがれた部分が徐々にピンク色になる
  5. およそ1~2ヶ月で患部は落ち着き、元の肌に馴染む

※施術後の経過には個人差があります。肌に異変を感じた場合はすぐに医師の診察を受けてください。

ピコレーザーの料金

当院のピコレーザーの料金は、施術内容によって異なります。

料金の詳細は、お悩み別に以下の料金表からそれぞれご確認ください。

ピコレーザーの施術はアイシークリニックへ

ピコレーザーの施術はアイシークリニックへ

ピコレーザーは、シミや肝斑などに効果が期待できる治療法です。

ピコ秒(1兆分の1秒)単位の短い間隔でレーザーを照射することで肌へのダメージを抑えつつ、肌内部の色素を破壊します。

ピコレーザーは次のような色素を取り除けます。

  • シミや肝斑
  • ニキビ跡・毛穴開き
  • タトゥーや刺青

お肌にお悩みがある方は、ぜひ一度アイシークリニックへご相談ください。患者様の肌質や予算に合わせて、一人ひとりに合った治療計画をご提案いたします。

アイシークリニック診療予約・
お問い合わせ

WEB予約

監修者医師

高桑 康太 医師

・2009年 東京大学医学部医学科卒業
・2012年 東京大学医学部附属病院勤務
・2019年 当院治療責任者就任

佐藤 昌樹 医師

2010年 筑波大学医学部卒
2012年 東京大学医学部附属病院勤務
2017年 アイシークリニック入職

性別をお選びください

女性

男性