ご予約はこちらから ▼

WEB予約

◀︎保険診療メニュー

◀︎美容メニュー

性別をお選びください

女性

男性

アイシークリニック新宿院 アイシークリニック渋谷院 アイシークリニック上野院 アイシークリニック池袋院
お電話での予約はこちらから
1分で入力完了、簡単WEB予約
アイシークリニックの女性治療メニュー アイシークリニックの女性治療メニュー
こちらは女性向けのメニューです。男性の方はこちらから >>

美肌になるスキンケアの方法とは?肌を綺麗にするクリニックの治療を8つ紹介

「ニキビやしわのない綺麗な肌になりたい」
「美肌になるにはどうすればいいの?」

などと、美肌になる方法を探している方は多いのではないでしょうか。

生活習慣やスキンケアに気をつかえばある程度の美肌になることは可能です。しかし、セルフケアだけでは効果に限界があるため、満足のいく美肌になることは難しいでしょう。

本ページでは綺麗な肌になる方法や、美肌効果を期待できる治療などを解説していきます。

美肌に近づくためにはクリニックで治療を受けるのも選択肢の一つです。トラブルのない美肌になりたい方はぜひ参考にしてみてください。

美肌になる方法は?肌を綺麗にするポイント

自分でできるケアで肌を綺麗にするポイントは以下の通りです。

セルフケアのポイント 期待できる効果
紫外線ケア(日焼け止め) 紫外線による色素沈着の防止
保湿 乾燥による肌のバリア力の低下の改善
肌の清潔さを維持 皮脂によるニキビの改善
ビタミンC誘導体などの成分によるケア 皮脂の抑制・毛穴を引き締める効果

紫外線を浴びると色素細胞であるメラニンが作り出されます。

紫外線は夏場に多く降り注ぐイメージがあるかもしれませんが、季節を問わず肌に影響を与えています。そのため、年間を通して日焼け止めを塗るのがケアのポイントです。

また、皮膚が乾燥してしまうと肌のバリア機能が低下して刺激を受けやすくなるため、肌に悪影響です。化粧水や乳液による十分な保湿で角質層に水分を行き渡らせることで、綺麗な肌を保つことができます。

【注意】スキンケアだけで美肌を目指すのは限界もある

スキンケアだけで美肌を目指すことには限界があります。

美肌になるためには、肌の奥の真皮に存在する「真皮幹細胞」によって細胞を作り出すことが重要です。

真皮幹細胞は肌にハリをもたらすコラーゲンやヒアルロン酸を作っています。しかし、紫外線によるダメージや加齢によって、真皮幹細胞の数は減少してしまいます。

市販の化粧品で真皮幹細胞にはたらきかけることができる商品はごく一部しかありません。

そのため、化粧品でのスキンケアだけでは十分な効果は期待できません。美肌を目指したいなら医療施術を受けることも検討しましょう

クリニックで美肌治療を受けるメリット・デメリット

クリニックで美肌治療を受けるメリットは、治療を受けたその日のうちに効果が実感しやすい点です。

食事や生活習慣の改善といったセルフケアでも美肌効果は期待できますが、長期間継続しなければなりません。そのため、より効率的な肌質改善を望む場合は、クリニックの美肌治療を受けることがポイントです。

また、美肌治療には複数の種類があるので、クリニックでは自分に合った治療法を選択できます。

一方、クリニックで治療を受けるデメリットとしては、費用がかかること、また副作用やダウンタイムの心配が挙げられます。

ダウンタイムとは、施術による腫れや痛みが引くまでの期間のことです。症状は時間が経てば治りますが、気になる方は施術後に休日を取るなどして対応しましょう。

アイシークリニックによる8つの美肌治療

スキンケアによる美肌治療は限定的な効果にとどまるため、クリニックで施術を受けることも検討しましょう。こちらでは当院が行っている8つの美肌治療を紹介していきます。

  • AGNES
  • ダーマペン
  • フォト治療
  • ヒアルロン酸注射
  • QスイッチYAGレーザー(スペクトラ)
  • HIFU
  • ピーリング
  • Vビーム

各治療法のメリットや特徴を解説します。

1.AGNES

AGNESは真皮に直接はたらきかけることができる高周波治療器です。高周波の電波を発する数種の微細絶縁針を、治療の用途に応じて使い分けます。ニキビの元となる皮脂腺を破壊したり、コラーゲンなどを増やしてシワを改善したりと、さまざまな効果を期待できます。

真皮にダイレクトに作用し、肌の表面に影響を与えずに済むため、安全に治療を施せます。ダウンタイムも短く手術後の再発の可能性も少ないことから、効果を実感できる可能性が高いです。

早ければ施術後、一週間程度で効果を実感できる場合があります。ただし、一度の治療で根治する可能性は低く、平均して1~3ヶ月間隔で3~5回程度の治療を受けなくてはなりません。

AGNESの詳細は次のページで紹介しています。気になる方はぜひご確認ください。

AGNESはニキビの除去や目の下のケアに効く!費用相場や効果のある4つの症例もご紹介

2.ダーマペン

ダーマペンはニキビ跡や小じわが気になる方におすすめの治療メニューです。極細のハリで肌を刺激し、本来の再生力を覚醒させることで肌を生き返らせてくれます。

ダーマペンの針は直径0.20mmの細さなので、ほとんど肌にダメージを与えません。ただし、元々肌が弱い人など、体質によっては傷跡が残る場合があります。

ダウンタイムもほとんどないため、治療の翌日から通常通りメイクできます。肌に空けた穴に成長因子を含む薬剤を注入することで、さらに高い効果を期待できます。

ダーマペンによる治療については以下のページで詳しく紹介しています。エイジングにも興味がある方はぜひ参考にしてみてください。

ダーマペンで肌質改善!効果はいつから出る?3つの特徴や施術方法を解説!

3.フォト治療(ICON)

フォト治療は「IPL」と呼ばれる特殊なライトを肌に照射し、メラニン色素やヘモグラビンを減少させる治療法です。

フォト治療の特徴は治療後すぐにメイクをしても問題無いほど、肌に対するダメージが少ないことです。シミやそばかす、ニキビといった複数の肌トラブルに対して、効果を期待できます。

当院のフォト治療ではICONという機器を使用します。ICONは強力な冷却装置を備えているため、照射するフラッシュライトは非常に高い出力です。

また、ICONによるIPLは顔の表面に広がった余分な毛細血管を縮小させるはたらきもあるので、顔の赤みや赤ら顔の改善にも有効です。

以下のページでフォト治療について紹介していますので、あわせて確認してみてください。

フォト治療(ICON)でシミやニキビ跡を治そう!その効果や特徴、注意点も解説!

4.ヒアルロン酸注射

ヒアルロン酸は保湿・保水に優れた成分です。ヒアルロン酸を各部位に注射することで、しわやくぼみ等の改善が可能です。

しわの溝部分にヒアルロン酸を注入すれば、表皮を持ち上げて肌をボリュームアップできます。そのため、ほうれい線や目じりのしわなどを目立たなくさせたり、潤いのある肌をもたらしたりする効果を見込めます。

ヒアルロン酸を注入できる部位は、主に以下の9か所です。

  • ほうれい線
  • 鼻下
  • 涙袋
  • 目じり
  • ひたい
  • みけん
  • こめかみ
  • あご

各部位によって期待できる効果は異なるので、詳しく知りたい方は次のページをご覧ください。

ヒアルロン酸注射とは?ヒアルロン酸を注入する9つの部位と期待できる美容効果

5.QスイッチYAGレーザー(スペクトラ)

肌の色素沈着にはたらきかけ、シミやそばかすなどを除去するレーザー機器がQスイッチYAGレーザーです。2種類の波長を使い分けることで、皮膚の浅い層から深い層の色素沈着まで幅広く除去できます。

QスイッチYAGレーザーの中でも、当院で使用するのは「スペクトラ」という機器です。

そばかすやシミの原因となるメラニン色素にのみ集中的に照射できるので、患部以外の健康な肌にほとんどダメージを与えません。

詳しい仕組みは以下のページで解説しています。あわせてご確認ください。

QスイッチYAGレーザー(スペクトラ)とは?肝斑除去など3つの効果と治療後の経過

6.HIFU

HIFUはリフトアップ治療法の一つで、日本語では「高密度焦点式超音波治療法」という意味になります。HIFUでは超音波と熱の力で肌を引き締め、たるみを改善する効果が期待できます

顔がたるんでしまう根本的な原因は、皮下組織よりさらに内部に位置する筋膜(SAMS)です。SAMSは肌の土台になる組織であり、SAMSを熱で引き締めることで、全体的なリフトアップ・小顔効果をもたらしてくれます。

ただし、治療後すぐに効果が現れるわけではないため注意が必要です。HIFUの施術後、3ヵ月程度の期間をかけ、肌が徐々に持ち上がっていきます。
また、たるみが強い高齢の方と比べて、たるみが出はじめた段階の方に高い効果を示す傾向にあります。

エイジングによる悩みが大きくなる前に美肌ケアを始めたい方は、ぜひ以下のページでHIFUの効果を確認しておきましょう。

HIFU(ハイフ)とは?顔のたるみ改善効果が期待できる「ウルトラフォーマーⅢ」

7.ピーリング

薬剤を用いて肌の表面部を剥がす治療法をピーリングと呼びます。皮膚を剥がすといっても、角質を柔らかくした後で施術を行うため、痛みや出血等の副作用が生じる可能性は少ないです。

市販のコスメでもピーリング関連の商品が発売されています。しかし、市販品に治療効果は含まれていないので、クリニックで提供される薬剤の方がより効率的に美肌を目指せます。

ピーリングでは様々な肌トラブルを解決できますが、特に効果が期待できるのは次の4つの症状です。

  • シミ
  • 肝斑
  • ニキビ
  • 毛穴の黒ずみ

ほかにも、古い角質を除去することで毛穴のつまりが解消し肌のキメが整ったり、メラニンが排出されて肌の透明度があがったりする効果を期待できます。

ピーリングとは?イオン導入・コラーゲンピールとの相乗効果も解説!

8.Vビーム

Vビームは、顔の赤みを改善できるレーザー治療です。

一般的なレーザーが黒色のメラニン(色素細胞)に反応するのに対し、Vビームでは赤色の色素にのみ反応します。効果を期待できるのはニキビ跡や毛細血管拡張症による赤みなどです。

さらに、Vビームの照射で、コラーゲンなどを作り出す線維芽細胞が活性化されます。その結果、小ジワの改善や肌のハリ・ツヤのアップなどといった美肌効果も見込めます。

副作用として考えられるのは、軽い痛みや赤みなどです。炎症が強い場合には外用薬も処方いたしますが、ほとんどの場合は2日程度で症状がおさまります。

また、美肌治療のためのVビームは基本的に自由診療メニューです。しかし、単純性血管腫・苺状血管腫・毛細血管拡張症の3つの治療に限り保険適用が可能です。

Vビームの施術内容や料金については以下のページで詳しく解説しています。あわせて確認してみてください。

Vビームの効果やダウンタイムとは?赤いニキビ跡・赤ら顔を保険診療で治す!

美肌に関するよくある質問

ここでは美肌に関するよくある質問への回答をまとめました。美肌になりたいと考えている方は、ぜひご覧ください。

Q.美肌に良い食べ物はありますか?

簡単に摂取できる美肌食材の例は以下の通りです。

  • ヨーグルト
  • 大豆製品
  • アーモンドミルク
  • 野菜ジュース

これらの食品には、肌に良い栄養素であるビタミン類やたんぱく質などが豊富に含まれています。ビタミンB群が含まれるヨーグルトや大豆製品(豆腐、納豆)といった食品は肌の新陳代謝をアップさせることが可能です。

またアーモンドに含まれるビタミンEは抗菌化作用を備えており、血行改善効果をもたらしてくれます。野菜ジュースはビタミンやミネラルが豊富で、不足しがちな野菜を効果的に接種することが可能です。

しかし、食べ物だけで美肌を維持するのは難しいでしょう。

成分によっては体に長く留まらなかったり、一度の食事では微量しか摂取できなかったりするためです。食べ物も美肌の助けにはなりますが、短期間で目に見えるほどの効果を得るのは難しいことを認識しておきましょう。

Q.美肌のためにメイクは控えた方がいいですか?

美肌にとってメイクは必ずしも悪い行為ではありません。下地やファンデーションには紫外線をカットする成分が含まれているほか、メイクで肌の表面を覆うことで花粉や塵といった外敵から肌を守ってくれるでしょう。

また、商品によっては美肌成分が含まれている化粧品もあります。ただしメイクが残ると酸化して肌トラブルの原因となるため、1日の終わりにはクレンジングや洗顔でしっかりと洗い流しましょう。

Q.毛穴が綺麗な美肌にするにはどうすればいいですか?

毛穴のトラブルを引き起こす主な要因には以下の3つが挙げられます。

  • つまり
  • たるみ
  • 開き

皮脂と角質が混ざり、角栓が生まれることで毛穴が詰まります。毎日のスキンケアや洗顔で古い角質を取り除いたり、皮脂量を減少させたりすることが毛穴の詰まりを抑えるために重要です。

また、老化が原因で肌がたるむと、重力によって毛穴が細長く変形することがあります。予防法としてピーリングを行ったり、レチノール配合の化粧品を使用したりすることが有効です。

生まれつき皮脂腺が大きいことを理由に毛穴が開いている場合もあります。遺伝による毛穴を小さくすることは難しいので、クリニックで施術を受けることも検討しましょう。

美肌の治療はアイシークリニックへ

スキンケアによる美肌効果は限定的なものにとどまるので、肌質を改善するにはクリニックで美肌治療を受けることをおすすめします。

当院では患者様ごとの肌の状態にあわせて、以下の8つの医療を行っています。

  • AGNES
  • ダーマペン
  • フォト治療
  • ヒアルロン酸注射
  • QスイッチYAGレーザー(スペクトラ)
  • HIFU
  • ピーリング
  • Vビーム

計8種類の治療法で、症状や悩みに応じてより効果が高いと見込まれる治療法を提案できます。スキンケアによる美肌効果をなかなか実感できずにお悩みの方は、ぜひ一度アイシークリニックへご相談ください。

アイシークリニック診療予約・
お問い合わせ

WEB予約

監修者医師

高桑 康太 医師

・2009年 東京大学医学部医学科卒業
・2012年 東京大学医学部附属病院勤務
・2019年 当院治療責任者就任

佐藤 昌樹 医師

2010年 筑波大学医学部卒
2012年 東京大学医学部附属病院勤務
2017年 アイシークリニック入職

性別をお選びください

女性

男性