ご予約はこちらから ▼

WEB予約

性別をお選びください

女性

男性

アイシークリニック新宿院 アイシークリニック渋谷院 アイシークリニック上野院 アイシークリニック池袋院
お電話での予約はこちらから
1分で入力完了、簡単WEB予約
アイシークリニックの女性治療メニュー アイシークリニックの女性治療メニュー
こちらは女性向けのメニューです。男性の方はこちらから >>

痩身エステと医療痩身の違いとは?医療痩身の効果と3つのメリット・デメリットを解説

「エステ痩身と痩身エステってどう違うの?」
「できる限り早く美しいボディになりたい」

このように、痩身治療を受けて美しく綺麗な身体を手にしたいとお考えではありませんか?

痩身治療には「痩身エステ」と「医療痩身」の2種類があり、中でも高い痩身効果をより早く実感しやすいのは医療痩身です。脂肪が気になる部分にアプローチし、直接的に脂肪細胞を減らせるので、太りにくい身体にできるほか、部分痩せも可能です。

こちらのページでは、痩身エステと医療痩身の具体的な違いのほか、医療痩身のメリット・デメリットまで詳しく解説しています。当院の医療痩身までご紹介しているので、ぜひ最後までご覧ください。

痩身とは?マッサージや医療機器で引き締まった身体を目指す

痩身(そうしん)とは、引き締まった健康的な身体を目指す施術のことを言います。

無理な食事制限をはじめとした、過酷なダイエットによって不健康に痩せ細るのではなく、女性的な美しい身体を目指す方法です。

内服薬や注射などを使用して直接的にダイエット効果を目指す「医療痩身」のほか、マッサージやサプリメントなどを使用して痩せやすい身体をつくる「痩身エステ」の2種類があります。

痩身エステは意味がない?医療痩身との違い

痩身エステと医療痩身の違いは次の通りです。

医療痩身 痩身エステ
施術者 医療従事者による治療 エステティシャン
(特別な資格がなくても施術できる)
痩身方法 ・注射
・医療機器の使用
・手術
・内服治療
など
・マッサージ
・エステマシンの使用
・サプリメントの提供
など
痩身機器・薬剤 厚生労働省やFDAに認可された機器・薬剤 医薬部外品に限る
施術費用 やや高い〜高い 安い〜やや高い

医療痩身はクリニックなどの医療機関で医療従事者が行う痩身施術のことです。

厚生労働省やFDA(アメリカ食品医薬品局)に認可された医療機器や内服薬などを用いて、脂肪細胞を破壊して減らすなど、医学的根拠に基づいた上で体脂肪を減少させます。

一方で、痩身エステとはエステサロンなどでエステティシャンによって行われる、マッサージやエステマシンなどを使った痩身施術です。施術するにあたって特別な資格は必要なく、トレーニングを受けたエステティシャンであれば痩身エステを行うことができます。

痩身エステは医療痩身とは異なり、マッサージで脂肪を燃えやすくしたり、代謝を上げたりするなど体質改善のサポート・痩せやすい身体づくりが目的です。

「痩身エステを受ける意味がない」というわけではありませんが、医療痩身の方が高い痩身効果をより早く実感しやすいと言えます。

医療痩身の施術を受ける3つのメリット

医療痩身の施術を受けるメリットには以下の3つがあります。

  • 施術当日から効果を実感しやすい
  • リバウンドしにくい
  • 部分痩せができる

医療痩身は痩身エステと異なり、医学的根拠に基づいて体脂肪を減少させます。そのため、より早く痩身効果を実感しやすい上、部分痩せも可能です。

ここからは、それぞれのメリットについて詳しく見ていきましょう。

施術後すぐに効果を実感しやすい

医療痩身は施術後すぐに効果を実感しやすいことが特徴です。

通常のダイエットの場合、脂肪細胞を小さくすることはできますが、脂肪細胞の数を減らすことはできません。また、脂肪細胞を小さくするのにも時間がかかってしまうためすぐにダイエット効果を得るのは難しいです。

一方で、医療痩身のうち「BNLS注射」や「脂肪溶解注射」は脂肪細胞を減少させるはたらきがあるため、施術後3日〜1週間程度で効果が現れる場合が多いです。

より早く痩身効果を実感したい方は、医療痩身をご検討ください。

リバウンドしにくい

医療痩身はリバウンドしにくいのもメリットの一つです。

医療痩身には脂肪細胞を減少させる治療法や、食欲減退させる治療法があります。

たとえば、「BNLS注射」や「脂肪溶解注射」は中性脂肪を蓄える脂肪細胞を縮小・減少させます。体内の脂肪細胞が縮小・減少すれば、太りにくくなるので施術後にリバウンドしにくいです。

また、医療痩身の一つ「GLP-1注射」は食欲減退を促進する施術です。少ない食事量で満腹感を得られるので、痩せた後もリバウンドしにくい身体にすることができます。

ただし、食生活や生活習慣の乱れによっては。リバウンドの可能性も否定できないので注意が必要です。

部分痩せができる

医療痩身なら部分痩せが可能です。

特に、下腹部や二の腕、側腹部は皮下脂肪がなかなか減らずに細くなりにくい傾向にあります。医療痩身はそのような痩せにくい部位にアプローチして、直接的に脂肪を減らすことができるため部分痩せが行えます。

そのほか、女性の場合バストの大きさを維持しながら、お腹周りの脂肪を減らすことなども可能です。

部分痩せしたい方は医療痩身をご検討ください。

医療痩身にデメリットはある?痩身エステよりも費用がかかることがある

ここまで、医療痩身のメリット部分についてお伝えしました。しかし、医療痩身は痩身エステと比べて施術費用が高くなりやすいといった特徴があります。

基本的にクリニックで提供される医療痩身は自費診療で、保険が適用されません。具体的な料金はクリニックによって異なりますが、基本的に痩身エステよりも施術費用がかかります。

また、低リスクではありますが、副作用が出る可能性やダウンタイムがあるのも医療痩身のデメリットです。

値段や副作用について不安がある方は、一度クリニックへ問い合わせて詳しい話を聞いてみましょう。

アイシークリニックの4種類の医療痩身!特徴と値段を紹介

当院の医療痩身には以下4種類の施術法があります。

  • GLP-1注射
  • ボトックス注射
  • BNLS注射
  • 脂肪溶解注射

それぞれの詳細について解説していきます。

GLP-1注射

GLP-1注射とは、もともと人の体内に存在する「GLP-1」と呼ばれるホルモンを直接体内に注射する痩身治療です。

太りやすい人と太りにくい人の違いはこのGLP-1が関係しているとされており、体内のGLP-1が少なければ、食欲を抑えられず食べ過ぎてしまいやすいです。一方、体内のGLP-1が多ければ適量の食事で満足して太りにくい体質になります

細くて短い針を使用するので、ほとんど痛みを感じることなく自分で投与可能です。

また、施術を開始した初期段階で胃の不快感や便秘、下痢、頭痛といった症状が、GLP-1注射の副作用として考えられます。継続して注射を打つことで症状が消えていくことがほとんどですが、当院はしっかりと検査を行った上で診療をしますので、万が一の場合も迅速に対処いたします。

以下のページでは、GLP-1注射について詳しく紹介しているのでぜひあわせてチェックしてみてください。

GLP-1注射とは?期待できるダイエット効果と副作用を解説

ボトックス注射

ボトックス注射とは、筋肉をリラックスさせる薬剤を使用する痩身治療の一つです。

主に小顔やシワ改善など顔周りの美容効果を目的として行われる施術ですが、ふくらはぎや太ももに注射することで脚やせ効果も期待できます。

たとえば、ふくらはぎには「ヒラメ筋」と「腓腹筋」という大きな筋肉があり、ボトックス注射でそれら筋肉のボリューム・ハリを抑えることで、脚を細く見せることが可能です。

ボトックス注射に痛みや腫れは基本的にありませんが、治療後に違和感を覚えることがあります。しかし、時間が経つにつれて違和感もなくなることがほとんどです。

マッサージなどの痩身エステを受けても、なかなか痩身効果を実感されない方は、一度ボトックス注射をご検討ください。

以下のページでボトックス注射の詳細についてご紹介していますので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

ボトックス注射とは?期待できる5つの美容効果と考えられる副作用

BNLS注射

BNLS注射とは、植物由来の成分を脂肪が気になる部分へ直接注入し、脂肪の溶解を促す痩身治療の一つです。主にフェイスダイエットを目的とした小顔注射として利用されます。

顔の各部位を整えることができ、たとえば鼻を引き締めたり、重くたるんだまぶたを軽く見せたりすることが可能です。

また、BNLSの主成分である「デオキシコール酸」は植物由来の成分のため、施術後に副作用を起こしにくいといった特徴があります。施術後も効果が現れやすく、施術して3日〜1週間程度で痩身効果を実感できるケースがほとんどです。

顔の脂肪を減少させて小顔を目指したい方は、BNLS注射をご検討ください。

以下のページでは、BNLS注射の期待できる治療効果について詳しく解説していますので、ぜひあわせてチェックしてみてください。

BNLS注射とは?期待できる3つの効果やアルティメットとneoの違いを紹介

脂肪溶解注射

脂肪溶解注射とは、脂肪を分解・溶解できる痩身治療です。

顔のラインを引き締めて小顔にできるほか、太ももやお腹など、脂肪が気になる部位に注射することで、部分的に脂肪を減らせます。さらに、脂肪溶解注射は脂肪を蓄える「脂肪細胞」そのものを減少させるので、太りにくい体質にすることが可能です。

脂肪溶解注射の施術回数や期間は、部位や範囲によって異なりますが、2週間程度の間隔を空けて3回を目安に施術を行うので、1ヶ月半〜2ヶ月程度の期間がかかります。

施術後、腫れや痛み、内出血などの症状が現れるリスクがあるものの、数日から1週間程度で症状は引いていきます。

お腹周りや二の腕、脚など部分痩せしたい方は脂肪溶解注射をご検討ください。

以下のページでは、脂肪溶解注射に関して詳しく解説していますので、ぜひあわせてチェックしてみてください。

脂肪溶解注射とは?顔や太ももの部分痩せは可能?期待できる3つの効果と失敗リスク

医療痩身の施術はアイシークリニックへ

痩身とは、引き締まった健康的な身体を目指す施術のことです。

医療痩身と痩身エステの2種類があり、中でも医療痩身は高い効果をより早く実感しやすいことが特徴です。さらに、中性脂肪を蓄える脂肪細胞を減少させることができるので、リバウンドしにくく、部分痩せもできます。

当院では、以下4種類の医療痩身をご用意しております。

  • GLP-1注射
  • ボトックス注射
  • BNLS注射
  • 脂肪溶解注射

できる限り早く痩身効果を実感したい方や、ダイエットに失敗したことがある方は、まずは一度当院へご相談ください。

アイシークリニック診療予約・
お問い合わせ

WEB予約

監修者医師

高桑 康太 医師

・2009年 東京大学医学部医学科卒業
・2012年 東京大学医学部附属病院勤務
・2019年 当院治療責任者就任

佐藤 昌樹 医師

2010年 筑波大学医学部卒
2012年 東京大学医学部附属病院勤務
2017年 アイシークリニック入職