ご予約はこちらから ▼

WEB予約

◀︎保険診療メニュー

◀︎美容メニュー

性別をお選びください

女性

男性

アイシークリニック新宿院 アイシークリニック渋谷院 アイシークリニック上野院 アイシークリニック池袋院
お電話での予約はこちらから
1分で入力完了、簡単WEB予約
こちらは女性向けのメニューです。男性の方はこちらから >>

ビクトーザ(GLP-1)とは?使い方や期待できるダイエット効果、副作用について解説

「身体に負担をかけずに体重を落としたい」
「間食や過食を抑えてダイエットをしたい」

などとお考えではありませんか?

ビクトーザは痩身効果が期待できる薬です。GLP-1と呼ばれるホルモンを増やすことで、食欲を抑え体重減少を目指します。

このページでは、ビクトーザの詳しい効果や副作用、疑問点などを解説します。

ビクトーザとは?インスリンの分泌を促進する治療薬

ビクトーザはインスリンの分泌を促進する治療薬
ビクトーザは「GLP-1受容体作動薬」のひとつであり、GLP-1と呼ばれるホルモンを自己注射することでインスリンの分泌を促進する治療法です。

本来ビクトーザは2型糖尿病の治療に用いられていました。GLP-1による食欲減退の作用が判明し、ダイエット目的として目が向けられるようになった経緯から、現在は肥満治療薬としても処方されています。

ビクトーザをはじめとしたGLP-1受容体作動薬は、インスリン分泌を促進する治療薬で、インスリンそのものを補うインスリン製剤とは異なります。そのため、投与しても低血糖に陥るリスクが低く、食欲抑制の効果が期待できます。

GLP-1の詳細については、以下のページで詳しく解説していますので、併せてご確認ください。

GLP-1注射とは?期待できるダイエット効果と副作用を解説|アイシークリニック

ビクトーザの作用機序は?食欲抑制によるダイエット効果が期待できる

ビクトーザはGLP-1を体外から注射する薬です。

GLP-1には次のようなはたらきがあります。

  1. 消化管に食べ物が入ると小腸からGLP-1と呼ばれるホルモンを分泌
  2. 「お腹が満たされた」という情報をGLP-1が脳内の視床下部に伝達
  3. 視床下部の中にある満腹中枢のはたらきにより、食欲を抑制

通常、GLP-1が多く分泌される体質の方は、自然に食欲を抑制することができます。

ビクトーザはGLP-1の分泌量が少ない方に投与することによって、食欲をコントロールする治療薬です。

少ない食事量で満腹感が得られ、摂取カロリーを抑えられるので、結果としてダイエットにつながる仕組みです。

ビクトーザのダイエットはしんどい?吐き気など副作用のリスクがある

ビクトーザのダイエットはしんどい?

ビクトーザには、主に以下のような副作用が報告されています。

主な副作用 5%以上:便秘、悪心
1~5%未満:下痢、嘔吐、腹痛、食欲減退など
0.2%~1%未満:胃腸炎、貧血、頭痛、味覚異常、高血圧、倦怠感など
重大な副作用 低血糖、膵炎、腸閉塞など(頻度不明)

(参考:KEGG|医療用医薬品 : ビクトーザ

上記の通り、副作用の中で特に多いのは便秘と悪心(吐き気)です。

症状が出た場合の対策には、便秘薬や吐き気止めの使用が考えられます。無理をせず、医師の指示に従い処方してもらいましょう。

また、脱力感や倦怠感などの低血糖症状があらわれる可能性もあります。なかには意識を失った事例も報告されています。

低血糖状態に陥ったときは、糖質を含む製品(飴や角砂糖など)を摂取することで症状を緩和させることが可能です。

場合によってはビクトーザの投与量を調整しますので、違和感を覚えたらすぐに当院へご相談ください。

ビクトーザの入手方法は?個人輸入は危険

ビクトーザを含むGLP-1受容体作動薬は、日本ではダイエット薬として承認されていません。

したがって、クリニックや病院で処方してもらう必要があります。

なかには、インターネットを通じて海外からの個人購入を考えている方もいるかもしれません。

海外製のビクトーザを購入することは可能ですが、個人輸入には次のようなリスクがあります。

  • 日本の法律に基づく品質や安全性の確認ができない
  • 不衛生な場所や方法で製造された危険がある
  • 正規品を装った偽物である可能性がある
  • 副作用が起きたときの対処法が分からない

(参考:政府広報オンライン|健康被害などリスクにご注意!海外からの医薬品の個人輸入

個人輸入は重篤な健康被害を引き起こす危険性があるため、ビクトーザは必ず医療機関で処方されたものを使用してください。

ビクトーザを使ったダイエットがおすすめな人

ビクトーザを用いたGLP-1ダイエットは、普段の食生活が乱れている方に向いています。

具体的には、次のような悩みをお持ちであればビクトーザ注射をご検討ください。

  • いつも食事量が多い
  • つい間食をしてしまう
  • ストレスで過食をする

ビクトーザを使用すれば食欲が抑えられ、少ない食事で満腹感を得られるようになります。また、脂肪を抑えられ代謝量が上がるのもビクトーザで期待できる効果のひとつです。

ビクトーザを使ったダイエットがおすすめできない人

ビクトーザを使ったダイエットがおすすめできない人
ビクトーザによるダイエットに向かない人の特徴は次の通りです。

  • 普段から食事量が少ない
  • 間食や過食をほとんどしない
  • 痩せすぎ(BMI18.5未満)である

GLP-1を用いたダイエットは食生活の改善を目的としているため、普段から摂取カロリーに気をつけている方には効果が期待できません。

また、現状でGLP-1の痩身効果が実証されているのは、肥満者に対してのみです。やせ過ぎの方は治療効果が期待できないため、処方をお断りする場合があります。

ビクトーザの利用をお考えの方は、まずは一度当院へご相談ください。患者さまの身体の状態などを検査した上で治療を進めてまいります。

ビクトーザ皮下注18mgの使い方

ビクトーザはペン型の「ビクトーザ皮下注18mg」として処方されており、自己注射で使用します。

自己注射の手順は以下の通りです。

  1. 注射器の差込口をアルコール綿で吹き上げる
  2. 付属の針を差込口に装着する
  3. 針先を上に向けて空打ちをする
  4. 投与する量にダイヤルを合わせる
  5. 注射部位を消毒し、垂直に針を刺す
  6. 注入ボタンを押し、6秒以上針を刺したままにする
  7. 注入ボタンを押したまま針を抜く

なお、ビクトーザは食事の影響を受けないため、食前・食後いずれの注射も可能です。

ただし、毎日の注射はできる限り同じ時刻に行うことが大切です。同じ時間帯で投与することによって、体内のGLP-1濃度を一定に保ち、より効果を発揮させることができます。

ビクトーザに関する4つのよくある質問

ビクトーザに関する4つのよくある質問
ここからは、ビクトーザに関してよくある質問に答えていきます。

Q1.ビクトーザの副作用により死亡するケースはありますか?

健康な人がビクトーザを投与し、死亡した事例は報告されていません。

過去にはビクトーザによる死亡例が報告されていますが、糖尿病の治療において、ビクトーザをインスリン製剤の代用としたために発生したものです。
(参考:独立行政法人 医薬品医療機器総合機構|リラグルチド(遺伝子組換え)安全性情報

インスリン製剤の投与が中止され、血糖値のコントロールが正常にできなくなったことが原因と考えられています。

そのため、ダイエット目的でビクトーザを使用した方が死亡したケースはありません。

Q2.ダイエット目的の場合、1日のビクトーザ投与量はどれくらいですか?

効果と副作用を見ながら、1日0.3mg~1.8mgを投与します。

通常、ビクトーザの投与量は0.3mgから始め、最大1.8mgまで増やしていきます。

具体的な流れは次の通りです。

  1. まずは1日0.3mgから投与開始
  2. 食欲抑制が見られなければ、1日0.6mgに増量
  3. その後食欲抑制が見られなければ、1日0.9mg、1.2mgと増量
  4. 食欲が止まっていれば、その量を維持量として継続

効果だけでなく、吐き気や便秘などの副作用も見ながら、1回の投与量を決定します。

また、吐き気などの副作用が強く出る場合は、注射の頻度を2〜3日に1回に下げることもあります。

Q3.ビクトーザを使ったダイエットはいつから効果を実感できますか?

ビクトーザを使ったダイエットはいつから効果を実感できるのか

ビクトーザのダイエット効果は人によって異なりますが、早ければ2週間で効果を実感することが可能です。ただしダイエットには数ヶ月単位での継続が必要となります。

糖尿病でない人のダイエット効果を示すものとしては、3,731人を対象とした海外の研究が知られています。

実験対象 非糖尿病の肥満者3,731名
平均体重:106kg
平均BMI:38.3
実験内容 リラグルチド3.0mgを毎日投与(プラセボ群と比較)
実験期間 54週
実験結果 平均8.4kgの体重減少(プラセボ群は平均2.8kgの体重減少)

上記の通り、約1年で平均8.4kgの体重減少が見られました。

非日本人・肥満者である点に留意する必要がありますが、ビクトーザによるGLP-1ダイエットには裏付けのあることが分かります。

Q4.ビクトーザは保険適用で受けられますか?

ビクトーザは保険適用外のため、全額自己負担となります。

日本において、ビクトーザは糖尿病治療薬としてのみ認可されています。ダイエット目的での処方は自由診療扱いとなり、保険が適用されません。

具体的な料金がいくらになるかは、クリニックによって異なります。

当院におけるGLP-1注射の料金詳細は、以下をご覧ください。

ビクトーザの処方はアイシークリニックがおすすめ

ビクトーザの処方はアイシークリニックがおすすめ
ビクトーザは体内のホルモンを増やすことで、食欲を抑え体重減少を目指します。

  • いつも食事量が多い
  • つい間食をしてしまう
  • ストレスで過食をする

といった悩みをお持ちの方におすすめのダイエット方法です。

アイシークリニックは、対面診療により一人ひとりに合わせて投与量を調整します。ビクトーザ注射でのダイエットを検討されている方は、一度当院へご相談ください。

アイシークリニック診療予約・
お問い合わせ

WEB予約

監修者医師

高桑 康太 医師

・2009年 東京大学医学部医学科卒業
・2012年 東京大学医学部附属病院勤務
・2019年 当院治療責任者就任

佐藤 昌樹 医師

2010年 筑波大学医学部卒
2012年 東京大学医学部附属病院勤務
2017年 アイシークリニック入職

性別をお選びください

女性

男性