ご予約はこちらから ▼

WEB予約

◀︎保険診療メニュー

◀︎美容メニュー

◀︎料金表

アイシークリニック新宿院 アイシークリニック渋谷院 アイシークリニック上野院 アイシークリニック池袋院
お電話での予約はこちらから
1分で入力完了、簡単WEB予約
こちらは女性向けのメニューです。男性の方はこちらから >>

ボトックスビスタとは?ボツラックスとの違いや効果、副作用について解説

「ボトックスビスタの効果が持続する期間や対象部位は?」
「短時間で表情じわやエラのハリを改善したい」

といった疑問や要望はありませんか?

ボトックスビスタは厚生労働省が製造・販売の認可を出している、アラガン社開発のボツリヌス菌製剤です。ボトックスビスタは咬筋を縮小してエラを改善したり、眉上や頬のしわを目立たなくさせたりする効果を期待できます。

こちらのページではボトックスビスタの効果や副作用、ボツラックスとの違いを解説します。

ボトックスビスタが自分に適した治療法か判断できるようになるため、ぜひご一読ください。

ボトックスビスタとは?厚生労働省で認可されたアラガン社の製剤

ボトックスビスタとは?厚生労働省で認可されたアラガン社の製剤

ボトックスビスタは厚生労働省から製造・販売の認可を受けているアラガン社の筋弛緩剤(きんしかんざい)です。筋肉の収縮を妨げる効果を持っており、しわの改善や予防に有効です。

ボトックス注射に含まれる「A型ボツリヌス毒素」は、神経の末端から分泌されるアセチルコリンの発生を抑えます。それによって筋肉の動きを止められるため、弛緩作用を示します。

ボトックスビスタは、次のように顔のさまざまな部位に対応可能です。

  • 眉間
  • 目尻
  • おでこ
  • エラ

表情じわの改善以外にも、多汗症や歯茎が大幅に出る「ガミースマイル」の改善効果も期待できます。

ボトックスビスタの2つの効果

ボトックスビスタの2つの効果

ボトックスビスタには、主に次の2つの効果が認められています。

  • 咬筋を縮小してエラを改善
  • 眉上や頬のしわを改善

咬筋は、噛むために下顎を持ち上げる際に使用する筋肉です。ボトックスは咬筋を細く見せることが可能なので、エラの改善にも役立ちます。

また、眉上や頬をはじめとしたしわの改善にも有効です。

それぞれのボトックスビスタの効果について解説します。

効果①咬筋を縮小してエラを改善

ボトックス注射は「エラボトックス」とも呼ばれるように、エラの改善に有効です。咬筋がスリムになるため、小顔効果も期待できます。

ボトックスビスタも同様に、筋肉が原因のエラを目立たなくすることが可能です。

出っ張ったエラの筋肉に注入すると、有効成分の働きで筋肉が徐々に縮小。ゆっくりと注入するため、痛みはそれほど大きくありません。

エラのせいで顔が大きく広がってみえるとお悩みの方は、ボトックスビスタの効果を実感できるでしょう。

エラボトックスはたるみ予防が可能な治療法です。ただし、エラボトックスの注入箇所が影響して、笑顔が不自然になるリスクがあります。自然経過で回復するため、笑顔が不自然となった際には数週間様子を見ましょう。

効果②眉上や頬のしわを改善

ボトックス注射は眉上や頬をはじめ、顔面のさまざまな部位のしわ改善が期待できます。

主な対象部位におけるボトックス効果は次の通りです。

主な対象部位 効果
おでこのしわ改善が期待できる
眉上 眉上にできたふくらみを改善できる
眉間 不機嫌さや怖さといった印象が和らぐ
目尻・目の下 笑ったときに生じる表情じわが改善する

ボトックス注射には筋肉の働きを弱める作用があるため、しわができにくくなります。特に眉間の縦じわや額の横じわなど、表情が原因のしわに有効です。

そのほか、ボトックス注射について詳しく知りたい方は、次のページをご覧ください。

ボトックス注射とは?期待できる5つの美容効果と考えられる副作用

ボトックスビスタの効果の持続期間は?半年が目安

ボトックスビスタの効果の持続期間は?半年が目安

ボトックスビスタの効果が持続する期間は、施術部位によって異なりますが、3~6ヵ月程度です。注入後、5日から1週間程度で効果が現れはじめます。

ボトックスビスタは繰り返しの注入が推奨されており、年に2~3回程度の治療が推奨されます。

何度も投与を続けることで、表情を作る癖を治すことが可能です。また効果持続期間の長期化も期待できます。

ただし、ダウンタイムが生じるリスクを減らすため、治療当日のサウナや激しい運動は避けてください。

ボトックスビスタの副作用|頭痛やめまいを起こすことがある

ボトックスビスタの副作用|頭痛やめまいを起こすことがある

ボトックスビスタの副作用で可能性がある症状は次の通りです。

  • 赤み
  • はれ
  • 頭痛
  • めまい
  • 内出血

施術箇所が赤くなるのは一時的な症状であり、その日のうちに気にならなくなるケースがほとんどです。

その他の症状においても、時間の経過とともに徐々に緩和します。また治療当日は、つっぱった感覚を抱く恐れもあります。

妊娠中のボトックスビスタは禁忌!施術が受けられない人

妊娠中のボトックスビスタは禁忌!施術が受けられない人

ボトックスビスタは胎児にも影響を及ぼす恐れがあるため、妊娠中、もしくは妊娠の可能性がある女性への投与は禁忌とされています。

少なくても投与中、または最終投与後から数えて2回の月経が経過するまでは避妊しなければなりません。

妊娠中以外の方でも、次に該当する方への投与は禁止されています。

  • 神経筋の接合部に障害をもつ方(重症筋無力症や筋萎縮性側索硬化症など)
  • 過去にボトックスビスタを使用し、過敏症を起こしたことがある方
  • 他のボツリヌス毒素製剤を使って治療中の方

ボトックスビスタには筋肉を弛緩する作用が認められているため、神経筋接合部(神経線維と筋線維が接合する部分)の障害が悪化する可能性があります。

施術前には、一度医師と相談した上で行いましょう。

ボトックス注射を途中でやめるとしわは悪化する?

ボトックス注射を途中でやめるとしわは悪化する?

ボトックス注射を途中でやめたとしても、病状が悪化する可能性はありません。

筋肉がリラックスした状態から元の状態に近づき、徐々に治療の効果が薄れていく程度です。

また、表情筋は年齢によって衰えるため、ボトックス注射をして時間が経った時に、しわが悪化したと感じるかもしれません。

アラガン社製のボトックスビスタと韓国製ボトックスの違い

アラガン社製のボトックスビスタと韓国製ボトックスの違い

アラガン社製「ボトックスビスタ」のほかに、韓国製の薬剤も「ボトックス」と呼ばれることがあります。

ボトックスはアラガン社の製品の名前です。そのため、正式には韓国製のものはボトックスではなく、ボツリヌストキシン毒素を成分とする薬剤です。

ただし、どちらの薬剤も効果や対象部位に大きな違いはありません。

なお、韓国製のボツリヌストキシン製剤は治療を安価で受けられる一方、アラガン社製のボトックスビスタは厚生労働省の認可を受けているといった違いがあります。

ボトックスビスタと他のボトックス注射の違い

ボトックスビスタ以外にも、ボトックス注射にはいくつかの種類があります。

ボトックスビスタ ボツラックス イノトックス リジェノックス ニューロノックス
メーカー アラガン社 Hugel社 アラガン社 ハンズバイオメド社 メディトックス社
特徴 ・厚生労働省が製造・販売を承認 ・ボトックスビスタのジェネリック医薬品
・治療費を抑えられる
・希釈の必要がない
・細菌感染のリスクが少ない
・ボトックスを目標として開発された製剤
・治療費を抑えられる
・ボトックスを目標として開発された製剤
・治療費を抑えられる

どの製剤を利用しても、対象部位や効果に大きな違いはありません。

いずれも、「ボトックス注射」と呼ばれる治療法ですが、ボトックスはアラガン社の製品名なので、正式にはボツリヌストキシン注射と言えます。

ここからは、表に示したボトックスビスタ以外のボトックス注射の具体的な特徴について解説します。

ボツラックス|治療費を抑えられる

ボツラックスは韓国のHugel社が製造した、A型ボツリヌス毒素を成分に含む筋弛緩剤です。

韓国食品医薬品安全庁(KFDA)によって医薬承認されています。

効果や持続期間については、ボトックスビスタと同様です。ボツラックスはボトックスビスタのジェネリック医薬品にあたる製剤で、治療費用を抑えられるというメリットがあります。

イノトックス|希釈の必要がなく衛生的

イノトックスはアラガン社が販売を開始した、希釈の必要がないボツリヌストキシンです。

通常、ボトックス製剤は粉末状となっており、ボトックス注射はその粉末を食塩水で希釈して使用されます。

しかし、イノトックスはすでに液状の製品のため、希釈する必要がありません。

希釈を担当する人によって濃度に違いがでないほか、調剤時の細菌感染リスクが少ないといった特徴があります。

リジェノックス|ボトックスを目標に開発された製剤

リジェノックスはアラガン社製のボトックスを目標に開発された、韓国発のボツリヌストキシン製剤です。

韓国食品医薬品安全庁(KFDA)の認可を受けています。

眉間や額のしわだけでなく、脇汗や筋肉張った肩や足の改善にも有効で、ふくらはぎを細くするといった効果が期待できます。

ニューロノックス|安価で多くの方が利用しやすい

ニューロノックスは韓国製のボツリヌストキシン製剤です。

ニューロノックスとリジェノックス、ボツラックスはいずれも韓国の製品ですが製造会社が異なります。

効果や持続期間はほとんど違いがなく、アラガン社製のものと比べて安価で治療を受けられることが特徴です。

関連記事:ニューロノックスはエラボトックス注射の一種!効果の持続期間や副作用を解説

ボトックスビスタの料金

当院のボトックスビスタは施術の目的や部位の数によって異なります。料金の詳細は、お悩み別に次の料金表からご確認ください。

まとめ:顔面のシワでお悩みの方はボトックスビスタが向いている

顔面のシワでお悩みの方はボトックスビスタが向いている

ボトックスビスタは筋弛緩効果を持つアラガン社が開発した筋弛緩剤です。A型ボツリヌス毒素が筋肉の働きを抑え、しわの改善を促します。

ボトックスビスタは、次のような症状を改善が期待できます。

  • 眉間を寄せた時にできるしわ
  • あごの梅干ししわ
  • 鼻の横じわ(バニーライン)
  • 多汗症

など

表情しわ改善のほか、エラの縮小や多汗症の治療にも効果を示します。副作用が起きても症状は軽度で済むので、多くの方が利用しやすい治療法です。

アイシークリニック診療予約・
お問い合わせ

WEB予約

監修者医師

高桑 康太 医師

・2009年 東京大学医学部医学科卒業
・2012年 東京大学医学部附属病院勤務
・2019年 当院治療責任者就任

佐藤 昌樹 医師

2010年 筑波大学医学部卒
2012年 東京大学医学部附属病院勤務
2017年 アイシークリニック入職

性別をお選びください

女性

男性