ジヒドロテストステロン(DHT)とは?AGAとの関係性とメリット・デメリットを解説

「ジヒドロテストステロンのメリットやデメリットは?」
「ジヒドロテストステロンが増える原因や減らす方法を知りたい」

とお考えではありませんか?

ジヒドロテストステロンとは男性ホルモンの一種です。男性ホルモンレセプターと結合することで、AGA(男性型脱毛症)を発症させると考えられています。

こちらのページでは、ジヒドロテストステロンのメリットやデメリット、ジヒドロテストステロンが増える原因や減らす方法について解説します。

ジヒドロテストステロン(DHT)とは?男性ホルモンの一種

ジヒドロテストステロン(DHT)は男性ホルモンの一種

ジヒドロテストステロン(DHT)は男性ホルモンの一種です。男性ホルモンの「テストステロン」と「5αリダクターゼ」という酵素が結合することで生成されます。

ジヒドロテストステロンは胎児期・思春期の男性の発育に欠かせません。胎児期の場合は外性器の形成(一次性徴)、思春期には体毛や声変わりなど男性らしい体づくり(二次性徴)をサポートする役割があります。

その一方、思春期以降はニキビやAGAの原因となるデメリットもあります。

ジヒドロテストステロンはAGAの原因になる

ジヒドロテストステロンは、AGA(男性型脱毛症)発症となる原因の一つです。

ジヒドロテストステロンによってAGAが発症する仕組みは次の通りです。

  1. テストステロンと5αリダクターゼが結合
  2. ジヒドロテストステロンの生成
  3. ジヒドロテストステロンと男性ホルモンレセプターが結合
  4. 脱毛因子のTGF-βが増加
  5. ヘアサイクルの悪化
  6. 抜け毛の増加

ジヒドロテストステロンは「男性ホルモンレセプター」と呼ばれる受容体と結合することで、「TGF-β」という脱毛因子を生成します。

TGF-βが生成されることで、髪の毛が成長期から退行期へ移行。ヘアサイクルが短くなり髪の毛が成長できず、抜け毛が増えて薄毛が進行する仕組みです。

ジヒドロテストステロンが多い人の特徴 | 薄毛の症状を起こしやすい

ジヒドロテストステロンが多い人の特徴は次の2つです。

  • 生え際や頭頂部の薄毛が進行している
  • 家族にAGA発症者がいる

生え際や頭頂部の薄毛は、AGA特有の薄毛の症状です。AGAを発症している方は、体内のジヒドロテストステロンが多い可能性があります。

またAGAは遺伝する傾向があるので、家族・先祖にAGA発症者がいる場合は自身も体内のジヒドロテストステロンが多い場合があります。

ジヒドロテストステロンが増える原因とは?遺伝や年齢

ジヒドロテストステロンが増える主な原因は、5αリダクターゼの活性度の高さです。

5αリダクターゼの活性度は遺伝的な要因が大きいと考えられており、先祖から引き継がれやすいです。

また加齢によってもジヒドロテストステロンは増加すると考えられます。

加齢によってテストステロンが減少し、それを補うためにより強力な男性ホルモンであるジヒドロテストステロンが生成されます。

ジヒドロテストステロンのメリット | 男性らしい体を作る働き

ジヒドロテストステロンには男性らしい体を作る働きをするメリットがある

ジヒドロテストステロンの役割は、男性らしい体を作ることです。

男性器の成長や筋肉の増大といった、男らしい体への変化を促すのがジヒドロテストステロンのメリットと言えます。

またジヒドロテストステロンは、精子の生成にも重要な役割を果たしていると考えられています。

ジヒドロテストステロンのデメリット | 薄毛やニキビにつながる

ジヒドロテストステロンのデメリットは次の3つです。

  • AGAの発症(薄毛・抜け毛)
  • ニキビの悪化
  • 前立腺肥大

ジヒドロテストステロンはAGAの原因になる他、皮脂腺を活性化させて皮脂の分泌を促す働きがあります。皮脂が過剰に分泌されると毛穴が詰まり、ニキビや肌の炎症につながります。

また、ジヒドロテストステロンは前立腺肥大の原因の一つです。

前立腺肥大症は尿道を圧迫する疾患です。排尿しづらくなる他、排尿の切れが悪くなる・排尿の頻度が増えるといった症状があります。

ジヒドロテストステロンを減らす・抑える3つの方法

ジヒドロテストステロンを減らす・抑える3つの方法

ここまで、ジヒドロテストステロンのデメリットについて解説しました。ジヒドロテストステロンを減らす・抑える方法が次の3つです。

  • AGA治療を受ける
  • 運動をする(汗や尿から排出する)
  • 禁煙する

それぞれの方法について詳しく解説します。

方法①AGA治療を受ける

ジヒドロテストステロンが増加しAGAを発症した場合には、医療機関でAGA治療を受けることが大切です。

AGAは内服薬による治療が主流です。

5αリダクターゼの働きを抑制する内服薬を服用することで、ジヒドロテストステロンが増加するのを抑えます。

5αリダクターゼの働きを抑制する治療薬には、プロペシアやザガーロなどがあります。プロペシアやザガーロの詳細について、それぞれ以下のページで解説していますのであわせてご覧ください。

プロペシアの効果や副作用とは?購入方法や価格についても解説

ザガーロはやばい?効果や副作用、ジェネリックについて解説

方法②運動をする(汗や尿から排出する)

ジヒドロテストステロンは、汗や尿から体外に排出されます。

有酸素運動をすることで汗をかき、体内のジヒドロテストステロンを減らす効果が期待できます。

また、水分を多めに摂取して、尿からジヒドロテストステロンを排出することも大切です。

特にカフェインを多く含むコーヒーや緑茶には利尿作用があり、摂取することで尿からジヒドロテストステロンが排出されやすくなることが分かっています。

方法③禁煙する

禁煙するとジヒドロテストステロンの抑制につながる

喫煙者は非喫煙者と比べて、体内のジヒドロテストステロン量が14%高いことがわかっています。

そのため喫煙習慣がある方は禁煙することで、ジヒドロテストステロンの増加を抑制できる可能性があります。

亜鉛サプリがジヒドロテストステロンの抑制に有効って本当?

食べ物やサプリでジヒドロテストステロンを抑制することは難しいと言えます。

臨床試験において、亜鉛サプリがジヒドロテストステロンを抑制するといった結果はほとんどありません。

また大豆イソフラボンなど、ジヒドロテストステロンの抑制につながると考えられている食べ物はいくつかあります。しかし、同様に大豆イソフラボンがジヒドロテストステロンを抑制すると証明しているエビデンスはありません。

一方で、亜鉛や大豆イソフラボンなどは髪の毛の成長にとって大切な栄養素であることは事実です。

ジヒドロテストステロンとテストステロンの違い

ジヒドロテストステロンとテストステロンの違い

ジヒドロテストステロンとテストステロンの違いは次の通りです。

ジヒドロテストステロン テストステロン
メリット ・胎児期の男性外性器を形成
・体毛や声変わりなど男性らしい体作りを促進
・筋肉や骨の形成、増強を促進
・体脂肪を減少
・男性機能を向上
デメリット 薄毛や抜け毛、ニキビなどの原因になる 特になし
生成の仕組み テストステロンと5αリダクターゼの結合 精巣・副腎で産生

ジヒドロテストステロンとテストステロンの大きな違いは、それぞれのデメリットです。

ジヒドロテストステロンはAGAやニキビ、前立腺肥大の原因になる一方、テストステロンは大きなデメリットが認められていません。

薄毛を減少させるためには、ジヒドロテストステロンの増生を抑える必要があります。

ジヒドロテストステロンに関するよくある質問

ジヒドロテストステロンに関するよくある質問

ここでは、ジヒドロテストステロンに関するよくある質問をまとめました。

Q.筋トレをするとジヒドロテストステロンは増加しますか?

筋トレによってジヒドロテストステロンが増加するという説に医学的根拠はありません。

筋トレによって分泌が増加するのはテストステロンであり、ジヒドロテストステロンが増加する直接的な要因ではありません。

しかし、体内の5αリダクターゼの活性度が高い場合には、テストステロンが増加することでジヒドロテストステロンに変換されるリスクが高まります。

なお、筋トレには5αリダクターゼの活性度を高める作用はありません。

Q.ジヒドロテストステロンが体臭の原因になることはありますか?

ジヒドロテストステロンが原因で体臭がきつくなることはありません。

ただし、ジヒドロテストステロンは皮脂の分泌を促す働きがあります。皮脂が過剰に分泌されると毛穴の詰まりや肌のベタつきの原因になり、放置すると酸化して臭いの原因になるので注意が必要です。

体臭が気になる方は皮脂や汗をこまめにふき取り、肌を清潔に保ちましょう。

Q.髭や体毛が濃い人はジヒドロテストステロンが多いのですか?

髭や体毛が濃いからといって、ジヒドロテストステロンが多いとは限りません。

体毛が濃い人は男性ホルモンの「テストステロン」が多いと考えられますが、ジヒドロテストステロンの多さに関係するのは、5αリダクターゼの活性度です。

テストステロンの多い人でも、ジヒドロテストステロンが多いわけではありません。

ただし仮に5αリダクターゼの活性度が同じ人が2人いる場合、体毛が濃くてテストステロンが多い方の方が、AGAを発症しやすいと言えます。

Q.女性もジヒドロテストステロンの影響を受けますか?

女性もジヒドロテストステロンの影響を受ける場合があります。

閉経によって女性ホルモン分泌量が減少するとホルモンバランスが崩れ、ジヒドロテストステロンの影響が強まるためです。

ジヒドロテストステロンの影響が強まると、FAGA(女性男性型脱毛症)の原因になると考えられています。

クリニックでAGA治療を受けてジヒドロテストステロンを抑制しよう

クリニックでAGA治療を受けてジヒドロテストステロンを抑制しよう

ジヒドロテストステロンとは男性ホルモンの一種です。ジヒドロテストステロンが増加することでAGAを発症しやすくなり、薄毛や抜け毛の原因となります。

体内のジヒドロテストステロンを減らす方法は次の3つです。

  • AGA治療を受ける
  • 運動をする(汗や尿から排出する)
  • 禁煙する

ジヒドロテストステロンはAGAを発症する原因の一つです。ジヒドロテストステロンによってAGAを発症するか不安な方、薄毛でお悩みの方はクリニックへご相談ください。

監修者医師

高桑 康太 医師

2009年 東京大学医学部医学科卒業
2012年 東京大学医学部附属病院勤務
2019年 当院治療責任者就任

佐藤 昌樹 医師

2010年 筑波大学医学部卒
2012年 東京大学医学部附属病院勤務
2017年 アイシークリニック入職

ご予約・お問い合わせは
こちらから

Webからの
ご予約・お問い合わせ

24時間ご予約受付が可能です。当院WEB予約担当より返信が届き次第受付完了となります。
なお24時間以内に返信がない場合、メールがブロックされている場合がありますので、当院電話受付までお電話ください。

お電話での
ご予約・お問い合わせ

ご予約希望日の前日の夜、もしくは当日などお急ぎの場合は、必ずお電話よりご予約ください。

お知らせ

新宿院 東京院 渋谷院 上野院 池袋院
お電話での
ご予約はこちら
1分で入力完了
簡単Web予約