フォシーガとは?ダイエット効果や副作用、飲み方について解説

  • 本コラムの内容について、当院では現時点では取り扱いがございませんが、情報のひとつとしてご利用下さい。

「フォシーガのダイエット効果や副作用は?」
「フォシーガの飲み方について知りたい」

などとお考えではありませんか?

フォシーガとはSGLT2阻害薬の一種で、尿から糖を排泄するのを促す医薬品です。糖尿病の治療薬として開発された医薬品ですが、現在では痩身治療でも用いられます。

ただし、低血糖などの副作用を起こす可能性があるので、使用には注意が必要です。

こちらのページではフォシーガのダイエット効果や副作用、飲み方について解説します。

目次

フォシーガとは?体内の血糖値を下げるSGLT2阻害薬

フォシーガは体内の血糖値を下げるSGLT2阻害薬

フォシーガとは体内の血糖値を下げるSGLT2阻害薬です。製薬会社の「アストラゼネカ株式会社」などが製造・販売しています。

SGLT2阻害薬とは、2型糖尿病の治療薬として研究・開発された医薬品です。

体内に存在する「SGLT2」と呼ばれる成分には、糖が尿から排泄されないよう働きかける作用があります。SGLT2阻害薬はその作用を抑制し、尿から糖が排泄されるよう促して血糖値が下がるよう働きかけます。

なお、SGLT2阻害薬にはフォシーガの他に「スーグラ」や「ジャディアンス」などがあり、フォシーガとの違いは適応範囲です。フォシーガは2型糖尿病の他に1型糖尿病や慢性心不全、慢性心不全などに適応していることが特徴です。

食事制限なしで痩せた?フォシーガは体重減少・ダイエット効果が期待できる

フォシーガは体重減少・ダイエット効果が期待できる

フォシーガは体重減少の効果やダイエット効果が期待できる医薬品です。

フォシーガは食事で摂取した余分な糖分の尿排泄を促します。食事量が変わらなくとも腎臓から吸収される糖の量がカットされることで、糖質制限に近い効果が期待できます。

激しい運動や食事制限が苦手な方でも、ダイエット効果を期待できるのがメリットです。ただし、医師から食事制限を指示されている場合には守る必要があります。

フォシーガの体重減少以外の効果 | 慢性心不全や慢性腎臓病、糖尿病の治療

フォシーガは体重減少の他に、以下の疾患に対する治療目的でも処方されます。

  • 慢性心不全
  • 慢性腎臓病
  • 糖尿病

フォシーガは慢性心不全の治療に用いられます。心不全は心臓が血液を送り出す機能に問題が起きる病気で、日本では慢性心不全に対する効能・効果が承認されています。

また血中の余分な糖を排泄することで腎臓への負担を軽減し、腎臓を守る作用があり、慢性腎臓病の治療薬としても承認を得ている治療薬です。

その他、1型糖尿病および2型糖尿病の治療薬としても承認を受けており、糖尿病の治療にも用いられます。

フォシーガの効果はいつから現れる?効果時間は約24時間

フォシーガの有効成分である「ダパグリフロジン」の血中濃度は、投与後1時間でピークを迎え、消失半減期は約8~12時間後です。(単回投与時)

血糖をコントロールする効果は8~12時間後以降も持続し、効果時間は24時間にわたると考えられています。

朝に服用すれば就寝中まで効果が持続するため、1日1回の服用で効果を期待することができます。

フォシーガによる糖の排出量はどのくらい?1日あたり200~500kcal

フォシーガによる糖の排出量は、1日あたり約200~500kcalと考えられています。

そのため、1ヶ月継続して服用した場合は約6,000〜15,000kcalのカロリーがカットされる計算になります。

フォシーガの副作用 | 低血糖や尿路感染症、膀胱炎など

フォシーガには低血糖や尿路感染症、膀胱炎などの副作用がある

フォシーガの服用で起こりうる副作用に低血糖があります。

低血糖になると冷や汗や動悸、意識障害やけいれんなどの症状が表れます。低血糖の症状が認められた場合には、糖を含む清涼飲料水や砂糖などを摂取し安静に過ごすことが大切です。

またフォシーガによって尿から糖を排泄するようになると、陰部に糖が付着しやすくなります。陰部に糖が付いたままにすると、膀胱炎などの尿路感染症や、カンジダなどの性感染症を引き起こす可能性があります。

フォシーガの服用中は、ウォシュレットを使用し陰部の清潔を保つよう心がけてください。

その他、フォシーガの服用中は尿量が増えます。トイレに行く頻度が増加するので脱水を避けるために、適度な水分補給を行ってください。

フォシーガの副作用で死亡することはある?死亡する可能性はほとんどない

フォシーガの副作用で死亡する可能性はほとんどないと考えられています。

フォシーガの販売開始1年後の調査では、60,000人のうち死亡例が1人です。フォシーガが原因で死亡する可能性はゼロではありませんが、限りなく低いと言えます。

フォシーガに注意点はある?服用における禁忌事項がある

フォシーガを服用する際の注意点として、次のように服用における禁忌事項があります。

  • フォシーガの成分に過敏症の既往歴がある方
  • 糖尿病性昏睡や前昏睡の方
  • 重症な感染症がある方
  • 手術前後など重篤な外傷がある方

また高齢者やお酒を飲みすぎる方は、低血糖や脱水症を引き起こしやすいため注意が必要です。

その他、妊婦中や授乳中の方はフォシーガの服用前に、医師にその旨を伝えて服用するか相談してください。

フォシーガ錠の飲み方 | ダイエット目的の場合は1日1回5mg飲む

フォシーガ錠の飲み方

フォシーガ錠の飲み方は糖尿病や心不全の治療など、服用目的によって異なります。ダイエット目的の場合は1日1回フォシーガ錠5mgを服用してください。

食前・食後のどちらで服用しても問題ありませんが、水またはぬるま湯で飲んでください。

また、フォシーガ錠は分包化に対応しています。

フォシーガ錠は1日10mg飲んでも良い?治療目的の場合は増量可能

通常、フォシーガ錠の服用量は1日5mgまでです。ただし、治療目的によっては1日10mg飲んでも問題ない場合があります。

細かい飲み方は治療目的によって異なりますが、1型糖尿病および2型糖尿病、慢性心不全の治療目的で服用する際は1日10mgまで増量できます。

飲む量は症状に合わせて医師が指示を出すので、自分で判断せず医師の指示に従ってください。

フォシーガ錠はいつ飲む?飲むタイミングは朝がおすすめ

フォシーガ錠を飲むタイミングは朝がおすすめです。

フォシーガ錠を飲むタイミングは処方箋では決められておらず、朝飲んでも夕食後に飲んでも構いません。

しかし、フォシーガ錠は服用すると尿量が増える作用があります。夕食後に服用すると就寝中にトイレに行く頻度が増える可能性があるため、夕食後ではなく朝食前後に服用するのがおすすめです。

また、フォシーガ錠を飲み忘れた場合は気づいたタイミングで飲み忘れた1回分を服用し、次の服用タイミングで当日分を服用してください。

ただし、次の服用時間まで12時間以内の場合は飲み忘れた分を飛ばして、次の服用時間に当日分のみ服用してください。

フォシーガ錠の服用時は水分摂取が必要!目安は普段より500ml以上飲む

フォシーガ錠の服用時は水分摂取が必要

フォシーガ錠の服用時には適度な水分摂取が必要です。

フォシーガには尿量を増やす作用があります。尿量が増えると体内の水分量が減少するため、脱水に注意しなければなりません。

そのため、喉が渇いていなくてもこまめに水分補給をすることが大切です。いつもより1日500ml以上多めに水分を摂りましょう。

ただし、心不全などで水分制限している場合には、担当医と相談して水分摂取量を調整してください。

フォシーガ錠は糖尿病治療薬のメトホルミンやリベルサスと併用可能

フォシーガ錠は、糖尿病治療薬の「メトホルミン」や「リベルサス」などと併用できます。

メトホルミンは、肝臓で糖質の産生を抑えたり、消化管から糖質が吸収されるのを抑えたりする作用がある治療薬です。

一方、リベルサスはGLP-1受容体作動薬とも呼ばれ、インスリンの分泌を促して血糖値を下げる薬です。

フォシーガ錠は、メトホルミンやリベルサスと併用することで、より高いダイエット効果を期待できます。ただし併用する場合は、低血糖に注意が必要なので事前に併用して良いか医師に確認してください。

リベルサスについては次のページで詳しく解説しているので、ぜひあわせてご覧ください。

リベルサスはGLP-1の経口薬|期待できるダイエット効果や飲み方、副作用を解説

フォシーガ錠は長期投与が可能?長期でも血糖コントロールできる

フォシーガ錠は長期投与しても良い薬です。

フォシーガ錠の長期投与試験では、血糖コントロールを得られることが明らかになっています。

フォシーガは通販で購入できる?個人輸入品は危険

フォシーガは通販で購入できるが個人輸入品は危険

フォシーガは医療用医薬品のため、市販で購入することはできません。個人輸入の通販サイトを使用すれば購入できますが、危険が伴います。

医薬品の個人輸入には偽薬が届くリスクがある他、副作用で健康被害を起こした場合も速やかに適した処置を受けるのが困難です。

フォシーガを購入する際は、医療機関を受診した上で処方してもらいましょう。

フォシーガにジェネリック医薬品はある?製造・販売されていない

フォシーガにジェネリック医薬品は製造・販売されていない

フォシーガのジェネリック医薬品は製造・販売されていません。

ジェネリック医薬品とは、先発医薬品(新薬)と同じ成分で製造された医薬品です。効果・副作用は先発医薬品と同等でありながら、先発医薬品よりも安価で販売されます。

ジェネリック医薬品が開発・販売されるのは、先発医薬品の特許が切れた後です。2022年現在、フォシーガは特許が切れていないので、フォシーガのジェネリック医薬品は販売されていません。

フォシーガは血糖値を下げてダイエット効果を目指す薬

フォシーガは血糖値を下げてダイエット効果を目指す薬

フォシーガは体内の血糖値を下げる糖尿病治療薬の一種です。糖を尿から排泄することでダイエット効果・体重減少の効果が期待できます。

フォシーガは継続して服用すれば、1ヶ月で1〜2kgの体重減少効果を期待できる医薬品です。ただし、低血糖などの副作用を起こすことがあるので、医師に指示された用法用量を守ることが重要です。

ダイエットしたいけれど激しい運動が苦手、厳しい食事制限が苦手という方は、フォシーガによるダイエットをご検討ください。

監修者医師

高桑 康太 医師

2009年 東京大学医学部医学科卒業
2012年 東京大学医学部附属病院勤務
2019年 当院治療責任者就任

佐藤 昌樹 医師

2010年 筑波大学医学部卒
2012年 東京大学医学部附属病院勤務
2017年 アイシークリニック入職

ご予約・お問い合わせは
こちらから

Webからの
ご予約・お問い合わせ

24時間ご予約受付が可能です。当院WEB予約担当より返信が届き次第受付完了となります。
なお24時間以内に返信がない場合、メールがブロックされている場合がありますので、当院電話受付までお電話ください。

お電話での
ご予約・お問い合わせ

ご予約希望日の前日の夜、もしくは当日などお急ぎの場合は、必ずお電話よりご予約ください。

お知らせ

新宿院 渋谷院 上野院 池袋院
お電話での
ご予約はこちら
1分で入力完了
簡単Web予約