VIO(デリケートゾーン)脱毛は黒ずみがあるとできないって本当?対策や改善方法の裏話

「VIOの脱毛をしたいけど、黒ずみが気になる…」
「デリケートゾーンに黒ずみがあると脱毛できないって本当?」
「黒ずみの原因や対処法が知りたい!」

このような悩みを抱えていませんか?

デリケートゾーンの黒ずみの主な原因は色素沈着です医療脱毛なら多少の黒ずみがあっても問題なく脱毛できるため、施術の妨げになることはありません。

この記事では、VIO(デリケートゾーン)の脱毛や黒ずみの改善方法について解説していきます。VIO脱毛を検討中・施術に不安がある方はぜひ最後までお読みください。

当院では肌に黒ずみがあっても施術できる「ライトシェアデュエット」という脱毛器を導入しています。剛毛にも対応できるので、VIOの硬い毛でも施術では問題ありません。

VIO脱毛が気になっている方は、以下のボタンからぜひ無料カウンセリングへお越しください。

VIO(デリケートゾーン)に黒ずみができるのはなぜ?主な原因は色素沈着

VIO(デリケートゾーン)の黒ずみは、皮膚への刺激による色素沈着が主な原因です。

原因となる皮膚への刺激は、以下の4つが挙げられます。

  • 自己処理による皮膚トラブル
  • 下着やタオルなどの摩擦
  • 生理用品によるかぶれ
  • ホルモンバランスの変化

詳しく解説していきます。

自己処理による皮膚トラブル

VIOに黒ずみができる原因の1つは、カミソリやシェーバーなどで行う自己処理での皮膚トラブルです。毛抜きで抜いたりカミソリで剃ったりするなど、肌に負担がかかる方法で自己処理をしてしまっていませんか?

VIOをはじめとするデリケートゾーンの皮膚は薄く、黒ずみや肌トラブルが起きやすい部位です。毛抜きやカミソリは肌への刺激が強く、色素沈着の原因になるためできるだけ避けるようにしましょう。

下着やタオルなど摩擦による肌への刺激

下着やタオルなどの摩擦による刺激も、VIOに黒ずみができる原因です。デリケートゾーンは日常生活の中で、たくさんの刺激にさらされている部位とも言えます。

例えば下着のゴムによる摩擦、歩く・走るなどの動作時の擦れも刺激の1つです。また、排泄時や入浴時などもVIOへ強い刺激がかかりやすくなります。

日常動作による刺激は回数が多く、完全には避けられないことがほとんどです。過度な摩擦をどう軽減していくかが大切になります。

生理用品によるかぶれ

生理用品によるかぶれも、VIOに黒ずみができる大きな原因です。生理中は蒸れたりかぶれたりすることも多く、肌に繰り返し強い刺激を与えてしまうからです。

生理用品は、かぶれにくく肌に合うものを探してみてください。さらに脱毛でデリケートゾーンの毛量が少なくなれば陰部を清潔に保つことができ、生理時の肌トラブルも少なくなります。

ホルモンバランスの変化

産後など、ホルモンバランスの変化によって黒ずみが目立つこともあります。これは女性ホルモンが増えるのと同時に、黒ずみの原因となるメラニン色素も増えてしまうのが原因です。

VIOはもともとメラニンが多く黒ずみやすい部位ですが、女性は常にホルモンの影響やデリケートゾーンへの刺激を受けているため、多少の黒ずみがあるのは当たり前のこととも言えます。

VIO(デリケートゾーン)に黒ずみが目立つと脱毛できない?医療脱毛・サロン脱毛の対応を比較

デリケートゾーンに黒ずみが目立つと、脱毛ができなくなるのではないかと心配に思う方も少なくありません。

医療脱毛とサロン脱毛の対応を比較してみましょう。

サロン脱毛は黒ずみがあると断られるケースがある

サロン脱毛の場合、黒ずみがあるとVIO脱毛を断られるケースがあります。光脱毛は黒い色素に反応するため、黒ずみがあると痛みを感じたり肌トラブルが起こりやすくなるためです。

脱毛サロンではやけどのリスクを減らすため、日焼けや色黒の人の脱毛を断る場合も少なくなくありません。安全に脱毛するためには、施術を控えざるを得ないのです。

医療脱毛は黒ずみがあっても対応できる

医療脱毛の場合は多少の黒ずみでも問題なく脱毛できることが多く、日焼けや色黒肌でも対応できるケースがほとんどです。黒ずみにも対応できる脱毛機の使用したり、細やかな出力調整でやけどのリスクが少ないよう照射したりして工夫できるからです。

もちろん、医療脱毛でも色素沈着が酷い場合は断られるケースもあります。VIO(デリケートゾーン)の黒ずみを気にする方が施術できないほどの状態であることはごく稀ですが、不安がある場合はクリニックへ事前に相談してみてください。

脱毛後にVIO(デリケートゾーン)の黒ずみが気になるときの対処法

施術後のお肌はバリア機能が低下しているため、VIOを脱毛したときも他の部位と同じように丁寧にケアを行いましょう。黒ずみが気になるときは特に次の点に注意してください。

  • 毛抜きやカミソリは控えてシェーバーでお手入れする
  • 下着や衣類は締め付けないものに変える
  • クリームによる保湿やマッサージをする

詳しく説明します。

毛抜きやカミソリは控えてシェーバーでお手入れする

脱毛後のお手入れはで、毛抜きやカミソリの使用を控えましょう。脱毛後の皮膚は、肌トラブルや色素沈着を起こしやすい状態だからです。

代わりにシェーバーを使い、優しく処理することがポイントです。

特に脱毛直後に刺激を与えるのはできるだけ避け、色素沈着を招かないようにしましょう。

下着や衣類は締め付けないものに変える

ゴムがキツイ下着や衣類は締め付けの少ないものに変え、デリケートゾーンに過度な摩擦がかからないようにしましょう。

特にVラインはゴムによる刺激を受けやすく、色素沈着が起こりやすい部位です。締め付けがきついと冷えや皮膚トラブルの原因にもなるので、見直してみてください。

クリームによる保湿やマッサージをする

VIO脱毛の後は、デリケートゾーンもクリームなどでしっかり保湿を行いましょう。脱毛による肌の乾燥を防ぎ、低下したバリア機能を早く回復させる効果があります。

強い摩擦を起こさないよう気を付けながら軽くマッサージをするのも効果的。血行が良くなると、肌のターンオーバーが促されるからです。

刺激を与えすぎると色素沈着の原因になり、さらなる黒ずみを招いてしまいます。マッサージするときは必ずクリームやオイルなどをつけ、滑りが良い状態で優しく行いましょう。

VIO脱毛でよくある疑問

こちらでは、VIO脱毛でよくある疑問にお答えしていきます。

Q.VIO脱毛で黒ずみは改善しますか?

VIOの黒ずみは、デリケートゾーンに繰り返し刺激がかかることが原因です。脱毛をすることでかぶれなどが改善され刺激を受ける回数が減ると、黒ずみが起こりにくくなる効果を期待できます。

ただし、VIO脱毛中のデリケートゾーンのお肌は、いつも以上に敏感で刺激が黒ずみへと変化しやすくなっています。また、脱毛により隠れていた地肌が良く見えるようになるため、これまで気づかなかった黒ずみに驚く方もいらっしゃいます。

黒ずみを完全になくすことは難しいですが、デリケートゾーンの刺激が減ることで一定の効果は感じられるでしょう。

Q.黒ずみのケアができる以外でVIO脱毛にメリットはありますか?

VIO脱毛の効果は、黒ずみが起こりにくくなるだけではありません。以下のようなメリットもあります。

  • デリケートゾーンを清潔に保てる
  • 下着や水着の選択肢が幅が広がる
  • セルフケアによる肌トラブルが解消される

デリケートゾーンは、蒸れやかぶれ、汗などにより不衛生で刺激の多い時間が長くあります。脱毛を行うことでデリケートゾーンを清潔に保てるようになるため、不快なニオイや肌トラブルに悩むことが少なくなるでしょう。

また、毛量や形を自分で整えるセルフケアの時間もなくなり、下着や水着などのおしゃれを楽しむ余裕を持てます。VIO脱毛が人気なのは、こうしたメリットがたくさんあるためだと言えます。

VIO脱毛については、次のページで詳しく解説しています。VIO脱毛の魅力や施術の流れをさらに知りたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

【VIO脱毛】施術の流れや料金、VIOの形について解説

【VIO脱毛】施術の流れや料金、VIOの形について解説

VIO脱毛をすることで、デリケートゾーンを清潔に保てるようになるうえ、自己処理による肌トラブルが解消されます。しかし、「施術の流れは?痛くないの?形はどうしたらいい?」といった不安をお持ちの方もいらっ ...

Q.黒ずみがあるとVIO脱毛で痛みを感じますか?

医療レーザーや光脱毛はメラニン色素に反応する光を照射するため、黒ずみがある部位への脱毛は、痛みを感じやすい場合があります。

ただし、医療脱毛では黒ずみや痛みの程度に合わせて照射レベルを調整したり、機械を使い分けたりすることが可能です。我慢できないほどの痛みを感じる場合は、麻酔を使うこともできます

痛みが気になる・心配な方はぜひ当院にご相談ください。

VIO脱毛の黒ずみによる不安はクリニックに相談を

VIO(デリケートゾーン)は色素沈着が起きやすく、黒ずみができやすい部位です。また、セルフケアによる刺激や下着による摩擦、生理用品によるかぶれなど、常に外部からの刺激がある状態といえ、黒ずみに悩む方は少なくありません。

脱毛を開始して初めてVIOの黒ずみに気づくケースもあります。

医療脱毛なら黒ずみの程度に合わせて照射レベルの調整や機械の変更が可能です。痛みを感じやすい場合は麻酔も使えるため、安心して脱毛にチャレンジできるでしょう。

VIOの黒ずみが気になる、脱毛に不安を感じる場合はぜひ無料カウンセリングへお越しください。

監修者医師

高桑 康太 医師

2009年 東京大学医学部医学科卒業
2012年 東京大学医学部附属病院勤務
2019年 当院治療責任者就任

佐藤 昌樹 医師

2010年 筑波大学医学部卒
2012年 東京大学医学部附属病院勤務
2017年 アイシークリニック入職

ご予約・お問い合わせは
こちらから

Webからの
ご予約・お問い合わせ

24時間ご予約受付が可能です。当院WEB予約担当より返信が届き次第受付完了となります。
なお24時間以内に返信がない場合、メールがブロックされている場合がありますので、当院電話受付までお電話ください。

お電話での
ご予約・お問い合わせ

ご予約希望日の前日の夜、もしくは当日などお急ぎの場合は、必ずお電話よりご予約ください。

お知らせ

新宿院 東京院 渋谷院 上野院 池袋院
お電話での
ご予約はこちら
1分で入力完了
簡単Web予約