こちらは女性向けのメニューです。男性の方はこちらから >>

パースピレックスとは?ワキガの匂いを抑える仕組みや使い方を解説

「パースピレックスでワキガの匂いを改善できる?」
「パースピレックスに注意点や副作用はある?」

などとお考えではありませんか?

パースピレックスは医療用の制汗剤です。ワキや手足など気になる部分に塗布することで、汗腺に角栓を作り発汗を抑制します。市販の制汗剤とは異なり、汗の分泌を物理的に抑えられる点が特徴で、多汗症やワキガの改善が可能です。

このページでは、パースピレックスの詳しい効果や用法などを解説します。

パースピレックス(Perspirex)とは?ワキガの匂いと発汗を抑制

パースピレックス(Perspirex)とは?ワキガの匂いと発汗を抑制

パースピレックス(Perspirex)は、ワキの汗や匂いの改善を目的とした医療用の制汗剤です。

パースピレックスは高い制汗効果が期待できます。

市販されている制汗剤・デオドラント剤の多くは、香料によって汗の匂いを一時的に中和しています。

一方、パースピレックスは汗が分泌される汗腺にフタをすることで、発汗を物理的に抑えることが可能です。長期間の効果が期待できる上に、市販品では難しかった手のひらや足の裏の汗にも使用できます。

パースピレックスの主な成分と作用

パースピレックスに含まれる「塩化アルミニウム」には、水分に反応し、汗腺にフタをするはたらきがあります。

以下の表は、パースピレックスの主成分と作用をまとめたものです。​

成分 作用
エタノール 角栓を深部まで運び、長期間にわたり効果を持続させる
塩化アルミニウム 汗に含まれる水分と反応し、汗腺に栓を形成する
乳酸成分※ 緩衝剤として酸を乳酸に変え、 肌にもたらされる不快感を緩和する

※ロールオン(ワキ用)は乳酸カルシウム
※ローション(手足用)は乳酸アルミニウム

パースピレックスは、主成分である塩化アルミニウムのはたらきにより汗腺を物理的にふさぎます。あわせて配合されている乳酸成分により、肌トラブルのリスクも抑えられるのも特徴です。

パースピレックスがおすすめな方

以下に当てはまる方は、パースレックスの処方をご検討ください。

  • 多汗症や軽度のワキガで悩んでいる
  • スポーツや仕事で汗をかく機会が多い
  • 市販の制汗剤・デオドラント剤では効果が得られなかった
  • 体質によりボトックスなど他の多汗症治療を受けられない

パースピレックスは多汗症など汗に悩む多くの方におすすめです。ワキはもちろん、手のひらや足の裏にも良く適応します。

また、パースピレックスはワキガの匂いに対しても有効です。汗の分泌が減少することで、匂いの原因となる細菌の繁殖を抑えます。

パースピレックスで発汗・匂いが抑えられる仕組み

パースピレックスで発汗・匂いが抑えられる仕組み

パースピレックスの成分は、主に以下の仕組みで作用します。

  1. 汗腺内にある水分に、主成分の塩化アルミニウムが反応する
  2. 汗腺の奥に角栓を作り、汗の産生をブロックする
  3. 数日後、新陳代謝にともなって角栓が自然排出される

形成された角栓は数日にわたり留まります。一度の塗布で長期の効果が期待できる点も、パースピレックスの特徴です。

汗の産生を止めるため、多汗症とワキガを同時に改善できます。

パースピレックスの使い方・塗り方

パースピレックスの使い方・塗り方

パースピレックスの基本的な使い方は以下の通りです。

  1. 就寝前に適量を塗布する
    夜間は汗の分泌が少ないため、角栓が形成されやすくなります。乾燥しきった皮膚に塗布します。必要に応じてヘアドライアーなどで皮膚を乾かしてから使用してください
  2. 翌朝に塗布した部位を濡れタオルなどで拭く
    手に塗布した場合は、石鹸で手をよく洗いましょう。塗り直してはいけません
  3. 効果があらわれるまで塗布を続ける
    通常は使い始め1週間は毎晩塗布。敏感肌の方は1日おきに2週間塗布します。効果があらわれたら週に2~3回のペースで塗布します

基本的に、パースピレックスは就寝前に塗布します。お風呂上りなどで乾きにくいときは、医師に相談の上で朝に塗ることも検討しましょう。

なお、パースピレックスにはワキ用のロールオンタイプと、手足用のローションタイプがあります。

ロールオンタイプは肌に直接あてて使用します。最初は液が出にくいため、しばらく手の上で転がすようにしてください。

パースピレックスの5つの特徴

パースピレックスの5つの特徴

パースピレックスの主な特徴は次の5つです。

  • ワキからの発汗を塗るだけで抑制できる
  • 効果は2~5日持続する
  • 皮膚への刺激やアレルギーのリスクが少ない
  • 無香料で衣類に色移りしない
  • 手足や顔にも使える

パースピレックスの大きな特徴として、高い持続性が挙げられます。一度塗布するだけで2~5日の制汗が見込めるため、外出する前に汗対策をする手間を減らすことが可能です。

以下の項目で、それぞれの特徴を解説していきます。

特徴①ワキからの発汗を塗るだけで抑制できる

パースピレックスなら、気になる部位に塗布するだけで汗の分泌を抑えられます。

同じ多汗症の治療としては、ボトックス注射や抗コリン薬などが知られています。汗の量や匂いが気になるものの、注射や服薬には抵抗があるという方も多いでしょう。

パースピレックスは汗が気になる部位に塗布するだけなので、より多くの方にお試しいただけます。これまで多汗症対策をしてこなかった方も、気軽に始められるでしょう。

特徴②効果は2~5日持続する

パースピレックスの効果は、2~5日の長期にわたり持続します。

市販の制汗剤は水で流れ落ちるため、最大でも1日の効果しか見込めません。その点、パースピレックスは数日にわたり汗腺に栓を作り、制汗効果を持続させます。

塗り直しの手間が必要ないため、忙しい方でも無理なく使い付けられる汗対策です。

特徴③皮膚への刺激やアレルギーのリスクが少ない

特徴③皮膚への刺激やアレルギーのリスクが少ない

パースピレックスは肌に優しく、副作用のリスクも抑えられています。

主成分である塩化アルミニウムは、本来肌に刺激を与える物質です。しかし、パースピレックスは乳酸成分を加えることにより、炎症を起こすリスクを軽減しました。

また、香料を一切含まないことから、懸念されるアレルギーもほとんどありません(金属アレルギーを除く)。

なお、敏感肌の方に向けて、低刺激タイプの「パースピレックス・コンフォート」が販売されています。

特徴④無香料で衣類に色移りしない

パースピレックスは香料を含まない上に、大切な洋服を汚すこともありません。

制汗剤の中には、匂いを中和するために香料を含んでいる製品があります。人によっては香料と体臭が混ざり、かえって匂いを強める恐れも少なくありません。

また、一部の制汗剤は反応すると変色する性質があります。

色移りの原因となるため、衣服を汚したくない方はパースピレックスがおすすめです。

特徴⑤手足や顔にも使える

パースピレックスはワキだけでなく、手足や顔にも使用できます。

手足は汗の量が多く、市販の制汗剤では流れ落ちてしまう可能性があります。また、皮膚が硬くて厚いことから、十分な効果が得られにくい部位です。

パースピレックスは高濃度の塩化アルミニウムを配合することで、汗腺にフタをして汗の量を抑えます。手汗や足汗で悩んでいる方も改善が期待できるでしょう。

パースピレックスが効かない?効果実感までに1週間かかることがある

パースピレックスが効かない?効果実感までに1週間かかることがある

初めてパースピレックスを使用する場合、効果があらわれるまでに1週間ほどかかります。

すぐに効果があらわれることはないため、焦らず毎晩塗布を続けましょう。継続して塗ると成分が肌に浸透し、徐々に制汗効果があらわれ始めます。

ただし、効果実感までには個人差があるため、人によっては1週間以上かかることもあります。

また敏感肌の方は2日に1回の間隔をあけ、2週間塗布を続けてください。いずれの場合も、効果があらわれた後は週2~3回の塗布に切り替えます。

パースピレックスは体に悪い?副作用はある?かゆいときは医師に相談

パースピレックスに大きな副作用はありませんが、まれに発赤や痒みを生じることがあります。

報告されている主な副作用は以下の通りです。

  • 痒みやかぶれ
  • 炎症
  • 刺すような痛み

パースピレックスは長期にわたり使用でき、耐性が作られることもありません。ただし、体質によっては塩化アルミニウムが刺激を与える場合があります。

上記に限らず、肌に異常が見られたときは使用を中断し、速やかに医師の診断を受けてください。

Amazonや楽天など通販では偽物のパースピレックスがある?

Amazonや楽天など通販では偽物のパースピレックスがある?

一部の通販サイトでは、偽物のパースピレックスが売られている可能性があります。

Amazonや楽天市場といった大手通販サイトなどには多数のショップが出店しており、すべて商品の真偽を見極めることはできません。

パースピレックスではありませんが、実際に偽造医薬品が流通している報告もされています。

「正規品」と記載されていても本物とは限らないため、パースピレックスは医療機関で処方してもらいましょう。

アイシークリニックでは医師の指導のもと、正規品のパースピレックスを処方しております。ワキガや多汗症にお悩みの方は、当院へお越しください。

パースピレックスの種類は?コンフォートなど4種類

パースピレックスには、配合濃度や適応部位の異なる4種類の製品があります。

各製品の違いについては、以下の表をご覧ください。

製品名 塩化アルミニウム濃度 特徴
パースピレックス・オリジナル 15% 標準的な濃度の塩化アルミニウムを配合した製品。持続期間は3~5日
パースピレックス・コンフォート 8% 水溶性で刺激が少ないため、敏感肌でも使用できる。持続期間は2~3日
パースピレックス・ストロング 25% 高濃度の塩化アルミニウムを配合し、高い効果が期待できる。持続期間は3~5日
パースピレックス・ハンド&フット 27% 手のひらや、足の裏の汗に対応したローションタイプの製品

手足用の「ハンド&フット」のみローションタイプ、他はすべてスティック状のロールオンタイプとなっています。

なお、通販サイトでは「デトランスα」といった表記も見受けられますが、こちらは個人輸入における日本独自の名称です。

パースピレックスと市販のデオドラント剤との違い

パースピレックスと市販のデオドラント剤との違い

市販品と比べて、パースピレックスは持続力の高さが特徴です。

以下の表は、パースピレックスと一般的なデオドラント剤を比較したものです。

パースピレックス 市販のデオドラント剤
効果の持続期間 3~5日 長くても一日
使用頻度 週に1~2回 毎日
制汗の仕組み 汗腺に栓を形成し、汗を物理的に抑える 香料で匂いを一時的に中和させる

市販されているデオドランド剤は、主に殺菌・消臭成分を配合しています。なかには香料で匂いをごかます製品もあり、多汗症の抜本的な改善は期待できません。

一方のパースピレックスには、制汗作用のある塩化アルミニウムが配合されています。主成分が汗腺に物理的なフタをすることにより、汗の分泌を根本から抑えられる仕組みです。

多汗症・ワキガなどでお悩みの方は、パースピレックスの使用をおすすめします。

パースピレックスの料金

アイシークリニックでは、多汗症治療としてパースピレックスの処方を行っております。

当院におけるパースピレックスの料金は、多汗症の料金表よりご確認ください。

ワキガや多汗症でお悩みの方はパースピレックスをお試しください

ワキガや多汗症でお悩みの方はパースピレックスをお試しください

パースピレックスは汗の分泌を抑える医療用の制汗剤です。主成分である塩化アルミニウムのはたらきにより、汗腺に栓を作って汗の分泌を抑えます。

一度塗布するだけで2~5日の効果が期待できるため、忙しい方でも無理なく続けることが可能です。

アイシークリニックでは、患者さまの症状やご希望にあわせてパースピレックスの処方を行っております。多汗症で悩まれている方は、一度当院へ足をお運びください。

監修者医師

高桑 康太 医師

2009年 東京大学医学部医学科卒業
2012年 東京大学医学部附属病院勤務
2019年 当院治療責任者就任

佐藤 昌樹 医師

2010年 筑波大学医学部卒
2012年 東京大学医学部附属病院勤務
2017年 アイシークリニック入職

ご予約・お問い合わせは
こちらから

Webからの
ご予約・お問い合わせ

24時間ご予約受付が可能です。当院WEB予約担当より返信が届き次第受付完了となります。
なお24時間以内に返信がない場合、メールがブロックされている場合がありますので、当院電話受付までお電話ください。

お電話での
ご予約・お問い合わせ

ご予約希望日の前日の夜、もしくは当日などお急ぎの場合は、必ずお電話よりご予約ください。

お知らせ

新宿院 渋谷院 上野院 池袋院
お電話での
ご予約はこちら
1分で入力完了
簡単Web予約