ご予約はこちらから ▼

WEB予約

◀︎保険診療メニュー

◀︎美容メニュー

性別をお選びください

女性

男性

アイシークリニック新宿院 アイシークリニック渋谷院 アイシークリニック上野院 アイシークリニック池袋院
お電話での予約はこちらから
1分で入力完了、簡単WEB予約
こちらは女性向けのメニューです。男性の方はこちらから >>

エンライトンレーザー(SR/Ⅲ)の治療効果とは?ピコシュア、ピコウェイとの違いも解説

「エンライトンレーザーでシミやタトゥーを除去したい」
「エンライトンと他のレーザー治療器の違いを知りたい」

とお考えではありませんか?

ピコレーザー「エンライトン」は厚生労働省の認可を受けた医療機器です。ピコ秒単位の短い周期でレーザーを照射し、肌へのダメージを抑えた上でシミやタトゥーの除去を目指します。

こちらのページではエンライトンに関して、期待される治療効果や他のピコレーザー機器との違いをまとめました。

エンライトンとは?キュテラ社が開発したピコレーザー

エンライトンとは?キュテラ社が開発したピコレーザー

「エンライトン」(enLIGHTen)は、アメリカのキュテラ社が開発したピコレーザー医療機器です。日本では厚生労働省の認可を受け、シミや肝斑、タトゥー除去などの治療に使用されています。
(参照:厚生労働省|医療機器の保険適用について

従来の美肌治療に使われてきたQスイッチレーザーは、10億分の1秒の間隔で照射を行うものでした。

一方、ピコレーザーはより短い「ピコ秒」=1兆分の1秒の間隔で照射します。これにより肌へのダメージを抑え、短期間での治療を目指すことが可能です。

キュテラ社のエンライトンは、ピコレーザーの中でも改良を重ねた機器であり、より肌治療に適した設定を行えます。

エンライトンSRとエンライトンⅢの違いは?ポイントは波長の種類

エンライトンSRとエンライトンⅢの違いは?ポイントは波長の種類

キュテラ社のエンライトンには、第二世代の「エンライトンSR」と第三世代の「エンライトンⅢ」があります。

以下は、それぞれの機器の特性を比較した表です。

エンライトンSR エンライトンⅢ
レーザーの波長 532nm・1064nm 532nm・670nm・1064nm
除去できる色素 赤・橙・黄・茶・黒 赤・橙・黄・茶・黒・

上記の通り、エンライトンSRが2種類の波長を搭載しているのに対し、エンライトンⅢは3種類の波長を搭載しています。

エンライトンレーザーとピコシュアとピコウェイの違い

エンライトンレーザーとピコシュアとピコウェイの違い

エンライトンの他にも、各メーカーからさまざまなピコレーザー医療機器が発売されています。

以下の表は、主なピコレーザーの性能を比較したものです。

機器 エンライトン ピコウェイ ピコシュア スペクトラピコ
メーカー キュテラ社 シネロンキャンデラ社 サイノシュアー社 ルートロニック社
パルス幅
(ピコ秒)
750ps
2,000ps
246ps
294ps
339ps
550~750ps
(可変式)
750ps
2,000ps
波長 532nm
670nm*
1064nm
532nm
730nm
1064nm
755nm 532nm
595nm
660nm
1064nm
特徴 ・厚生労働省の承認済み
・ピコレーザーとナノレーザーの両方を照射可能
・最大パワーが強い
・厚生労働省の承認済み
・パルス幅が短いため肌へのダメージを抑えられる
・米国の公的機関「FDA」の承認済み
・ニキビ痕の改善における承認を取得
・パワーは他の機器に劣る
・ピコレーザーとナノレーザーの両方を照射可能
・さまざまな色素を除去できる

*670nmはエンライトンⅢのみ対応

医療用レーザーは、パルス幅によって色素を破壊するメカニズムが異なります。パルス幅とは、レーザーを照射する時間のことです。

短いパルス幅で照射することで、熱作用が少なく衝撃破で色素を破壊できす。対応できる症状は限られるものの、肌へのダメージを抑えた治療が可能です。

一方、長いパルス幅は熱作用と衝撃破の両方を使って色素を破壊します。赤みや腫れのリスクは高くなりますが、強いエネルギーでの治療が可能です。

エンライトンの特徴は、短いピコ秒単位のパルス幅とあわせて、ピコより長いナノ秒単位のパルス幅でも照射できる点にあります。

シミや肝斑を優しく除去したい場合から、タトゥーを強力に除去したい場合まで、幅広い治療に対応可能です。

エンライトンを用いた3つの治療方法

エンライトンを用いた3つの治療方法

エンライトンはレーザーの種類や照射方法を変えることで、次の3つの治療が行えます。

  • ピコトーニング
  • ピコフラクショナル
  • ピコスポット

それぞれ特性が異なる治療法です。以下の項目で順番に見ていきましょう。

①ピコトーニング|シミや肝斑を治療

ピコトーニングは、低出力のレーザーを広い範囲に照射する治療法です。主にシミや肝斑の症状に用いられます。

特に肝斑においては、通常のレーザーでは刺激が強く、症状をかえって悪化させる恐れがありました。

ピコトーニングは弱い刺激で少しずつ色素を薄くしていくため、肝斑が悪化するリスクがほとんどありません。

以下のページでは、ピコトーニングの詳しい効果を解説しています。あわせてお読みください。

ピコトーニングはシミや肝斑に効果がある?治療の流れと経過、治療間隔まで解説

②ピコフラクショナル|小じわやニキビ跡を治療

ピコフラクショナルは、高密度のレーザーを照射し、肌の深部に刺激を与える治療法です。主に小じわやニキビ跡の症状に用いられます。

肌の代謝を正常に保つためには、コラーゲンやエラスチンの存在が欠かせません。ピコフラクショナルは真皮の細胞を活性化させ、コラーゲンやエラスチンの産生を促します。

皮膚の表面にはほとんどダメージを与えないため、炎症のリスクを抑えることが可能です。そのため、痛みやダウンタイムがほとんどありません。

以下のページでは、ピコフラクショナルの特徴を詳しく解説しています。あわせてお読みください。

ピコフラクショナルレーザーとは?期待できる2つの効果や料金を解説

③ピコスポット|シミやほくろ、刺青などを除去

ピコスポットは、患部の大きさにあわせてレーザーを照射する治療法です。主にシミやほくろの除去に用いられます。

高い出力のレーザーをショットで照射するため、色素の濃いシミやほくろを短期間で取り除ける可能性が高いです。容易に除去できないタトゥーに対しても、ピコスポットが適しています。

わずかにダウンタイムを必要とするものの、効果を実感するまでの期間が短いことも大きな特徴です。

エンライトンの施術で期待できる3つの治療効果

エンライトンの施術で期待できる3つの治療効果

エンライトンにより期待できる治療効果は、大きく分けて以下の3つです。

  • シミ・肝斑・ADMの除去
  • タトゥーの除去
  • ニキビ跡・毛穴開きの改善

そのほか、小じわの改善や肌のハリのアップも期待できます。以下の項目では、主な3種類の症状について見ていきます。

①シミ・肝斑・ADMの除去

エンライトンは皮膚のメラニン色素を破壊し、シミや肝斑の除去を目指します。

特に肝斑の場合、従来のQスイッチレーザーでは症状を悪化させる恐れがありました。エンライトンは肌へのダメージが少ないため、症状の悪化を防ぎつつ症状を緩和できます。

また、エンライトンはADM(後天性真皮メラノサイトーシス)にも適応可能です。

通常のシミが表皮のメラニンを原因とするのに対し、ADMは真皮のメラニンを原因とします。

エンライトンの最大波長は1064nmであり、真皮にまで到達する長さです。表皮には影響を与えず、ADMの色素のみにダメージを与えることが可能です。

②タトゥーの除去

エンライトンは、タトゥーを除去する目的でも使用されます。メラニン色素と同じように、タトゥーの色素もレーザーによって薄くすることが可能です。

従来のQスイッチレーザーはタトゥー除去ができるものの、反応する色素が黒色や赤色など、除去できるタトゥーの種類にも限りがありました。一方、エンライトンは多色の染料に反応するため、より幅広いタトゥーの治療が期待できます。

ただし、手で彫られたタトゥーは色素が皮下組織にまで達して、レーザーによる治療が困難な場合があります。

手彫りのタトゥーを除去したい場合は、切除や植皮などの外科手術をご検討ください。

③ニキビ跡・毛穴開きの改善

エンライトンは、ニキビ跡の治療にも効果が期待できます。

これは、レーザーが表皮内を刺激して肌の再生を促すためです。自然治癒力が高まった細胞はコラーゲンやエラスチンを増やし、ニキビ跡の傷を修復します。

さらに、コラーゲンやエラスチンには毛穴を引き締めるはたらきもあります。加齢や紫外線によって生じる毛穴開きも、エンライトンによって改善を目指すことが可能です。

当院のエンライトンの料金

アイシークリニックでは、エンライトンSRを使用した複数の治療法をご提案しております。

お悩みの症状にあわせて、以下のページより料金表をご確認ください。

エンライトンの施術は保険適用される?

エンライトンの施術は保険適用される?

エンライトンの施術は保険適用可能です。

エンライトンは2020年に厚生労働省の認可を受け、保険適応可能な機器に指定されました。ただし、保険適応となるのは、医師が次の症状と認めた場合に限ります。

症状 説明
太田母斑 目から頬にかけて見られる青あざ。女性に多い
異所性蒙古斑 お尻や背中以外の場所にできる先天性の青あざ
外傷性色素沈着 ケガによって皮膚の中に砂利などの色素が残されたもの

通常のシミや肝斑、ADMの治療は原則として自由診療になります。

エンライトンSRの施術はアイシークリニックへ

エンライトンは、キュテラ社が開発したピコレーザー医療機器です。ピコ秒(1兆分の1秒単位)の短いパルス幅でレーザーを照射し、シミやタトゥーの除去を目指します。

他のピコレーザーと異なり、エンライトンは長短2種類のパルス幅を症状に応じて使い分けることが可能です。

アイシークリニックでは第二世代の「エンライトンSR」を導入し、患者さまに合わせた治療を行っております。肌トラブルでお悩みの方は、一度当院へご相談ください。

アイシークリニック診療予約・
お問い合わせ

WEB予約

監修者医師

高桑 康太 医師

・2009年 東京大学医学部医学科卒業
・2012年 東京大学医学部附属病院勤務
・2019年 当院治療責任者就任

佐藤 昌樹 医師

2010年 筑波大学医学部卒
2012年 東京大学医学部附属病院勤務
2017年 アイシークリニック入職

性別をお選びください

女性

男性