ご予約はこちらから ▼

WEB予約

◀︎保険診療メニュー

◀︎美容メニュー

性別をお選びください

女性

男性

アイシークリニック新宿院 アイシークリニック渋谷院 アイシークリニック上野院 アイシークリニック池袋院
お電話での予約はこちらから
1分で入力完了、簡単WEB予約
こちらは女性向けのメニューです。男性の方はこちらから >>

ピコトーニングはシミや肝斑に効果がある?治療の流れと経過、治療間隔まで解説

「痛みの少ない治療法でシミやくすみを取り除きたい」
「肝斑はレーザーでの治療が難しいと言われた」
「レーザー治療をしたいけど忙しくてダウンタイムが十分にとれない」

そんなお悩みをお持ちではありませんか?

ピコトーニングはシミや肝斑などに効果が期待できる治療法です。出力の弱いレーザーを用いることで、肌へのダメージを抑えられる上に、ダウンタイムをほとんど必要としません。

こちらのページでは、ピコトーニングの効果やメリット・デメリットを解説しています。治療に関するさまざまな疑問に答えているので、お肌の悩みを抱えている方はぜひお役立てください。

ピコトーニングとは?

ピコトーニングとは

ピコトーニングは、出力の弱いレーザーをシャワーのように照射することで、皮膚のメラニン色素を少しずつ減らしていく治療法です。

シミやくすみ、肝斑の除去にも効果が期待できます。

従来のレーザー治療では、肝斑に刺激を与えてしまい、かえって色素が濃くなるといったリスクがありました。

しかし、ピコトーニングはメラニン色素を刺激しないように低出力の照射を繰り返すため、これまでレーザー治療が困難だった肝斑に対しても効果が期待できます。

また、衝撃波でメラニン色素を破壊することから、施術中の痛みがほとんどなく、長期のダウンタイムも必要としません。

ピコトーニングの施術で期待できる4つの効果

ピコトーニングの施術で期待できる4つの効果

ピコトーニングの施術は、以下の4種類の症状に対して効果が期待できます。

  • 肝斑
  • くすみ、シミ
  • 毛穴開き
  • 赤ら顔

いずれも顔全体に目立ちやすい症状のため、多くの方がお悩みをかかえておられるかと思います。

ここからは、それぞれの内容を詳しく解説していきます。

1.肝斑の改善

ピコトーニングは、主に肝斑に対する改善効果が期待できます。

肝斑とは、両頬やあごなどに広がる薄茶色のシミのことです。

はっきりとした原因は明らかになっていませんが、妊娠期の発症が多いことから女性ホルモンが関係していると考えられています。
(参考:しみ|一般社団法人 日本形成外科学会

肝斑は刺激を与えると炎症を引き起こすため、高出力のレーザーが使用できません。

ピコトーニングであれば低出力の照射を繰り返せるため、皮膚の炎症を起こさないように治療を進められます。

2.くすみ、シミの改善

ピコトーニングは、シミやくすみの除去にも効果が期待できます。

複数回に分けて照射を行うことにより、シミやくすみの原因となる皮膚のメラニン色素を少しずつ破壊することができます。

ピコトーニングのレーザーは出力が弱いため、施術後にかさぶたができることはほとんどありません。照射直後は患部が一時的に赤くなるものの、しばらくして元の肌に戻ります。

また、メイクや洗顔、入浴などは当日から可能です。ダウンタイムもほとんどないので、日常的に多くの人と接する機会の多い方でも無理なく治療を続けられます。

そのためピコトーニングは、肌へのダメージやダウンタイムを抑えたい方に向いている治療法です。

3.毛穴開きの改善

ピコトーニングは、毛穴開きの改善にも効果が期待できます。

ピコトーニングは真皮にある皮脂腺を引き締め、皮脂の分泌を抑えることが可能です。

結果として毛穴が目立たなくなり、肌質の総合的な向上が期待できます。

4.赤ら顔の改善

ピコトーニングは、赤ら顔の改善にも有効です。

赤ら顔(酒さ)の原因のひとつとして、毛細血管の拡張があります。
(参考:赤ら顔と自然免疫|日本香粧品学会誌

ピコトーニングのレーザーは、この毛細血管がある真皮に届き、広がった毛細血管を収縮させる働きがあります。

繰り返し照射するうちに毛細血管が正常に戻り、顔の赤みの改善へとつなげることが可能です。

なお、赤ら顔の原因によっては他の治療の方が適している場合もあります。患者さまの症状に合わせた治療法をご提案しますので、赤ら顔などでお悩みの方は一度当院までお越しださい。

ピコトーニングの副作用とダウンタイム

ピコトーニングの副作用とダウンタイム

ピコトーニングは、副作用のリスクやダウンタイムがほとんどありません。

低出力のレーザーを用いることで、肌へのダメージをできる限り抑えられるからです。

施術後にほてりやチクチク感を覚える方もいらっしゃいますが、一時的なものなので、しばらくすると気にならなくなることがほとんどです。

ただし、まれに色素沈着や白斑を引き起こすこともあるため、術後は肌の状態をこまめにチェックしてください。

患部の紫外線対策を欠かさず、洗顔やマッサージをするときは過度な刺激を避けることが大切です。

当院での施術後、患部の違和感がどうしても気になるようでしたら、お気兼ねなく当院へご相談ください。

ピコトーニングの施術の流れと治療後の経過

ピコトーニングの施術の流れと治療後の経過

ピコトーニングの治療を検討されている方に向けて、具体的な施術の流れを解説します。

  1. 問診・診察
    問診票に記入が終わったら、洗顔でメイクを落とします。
    担当医師のカウンセリングがありますので、疑問や不安がある方は気兼ねなくご相談ください。
  2. レーザー照射
    アイガードをつけていただき、ピコトーニングを照射します。
    麻酔クリームのご用意もありますので、ほてりやチクチク感が気になる場合は遠慮なくお声掛けください。なお、照射時間の目安は顔全体で数十分です。
  3. アフターケア
    最後にスキンケアを行って施術終了となります。医師の指導のもと、施術後すぐにメイクをしてご帰宅可能です。
    治療後は紫外線対策や保湿をしっかり行い、次回の施術日まで肌の状態を保ちましょう。
    治療方針にもよりますが、ピコトーニングは基本的に期間を空けて複数回の施術を行います。

ピコトーニングの施術料金

ピコトーニングの料金は施術内容によって異なります。

料金詳細は、お悩み別に以下の料金表からそれぞれご確認ください。

ピコトーニングとフォトフェイシャルの違い

ピコトーニングとフォトフェイシャルの違い

シミやそばかすの治療法としては、ピコトーニングの他に「フォトフェイシャル」があります。

どちらも照射によって肌のトラブルを改善する点では同じです。ただし、ピコトーニングとフォトフェイシャルはそれぞれ治療の目的が異なります。

具体的な違いは以下の通りです。

治療法 治療に用いる機器 治療の目的
ピコトーニング レーザー照射 シミやくすみなどの根治を目指す
フォトフェイシャル 光照射 シミやくすみなどの症状を軽くする

症状によっては、フォトフェイシャルの方が適しているケースもあります。

当院はピコトーニングとフォトフェイシャル(ICON)の両方に対応しておりますので、どちらの治療を受けようか迷われている方はご相談ください。

関連記事:フォト治療(ICON)でシミやニキビ跡を治そう!その効果や特徴、注意点も解説!|アイシークリニック

ピコトーニングの施術に関するよくある質問

ピコトーニングの施術に関するよくある質問

最後に、ピコトーニングの施術に関してよくある質問をまとめました。

施術の効果や副作用などを気にされている方は、以下のQ&Aをお読みください。

Q.ピコトーニングの料金は他のレーザー治療より安いですか?

料金は照射範囲によって異なります。

ピコトーニングは比較的新しい治療機器を利用するため、どうしても料金が高くなる傾向にあります。

同じくシミや肝斑に用いられる治療法として「レーザートーニング」と「Qスイッチヤグレーザー」が挙げられます。

施術回数や部位によって異なるものの、いずれもピコトーニングより費用を抑えることが可能です。

当院では患者さまのご予算に応じた治療を行っておりますので、費用で悩まれている方は一度ご来院ください。

Q.施術を受ける間隔はどの程度ですか?

施術間隔の目安は2週間~1ヶ月です。

ピコトーニングはダウンタイムをほとんど必要としない治療法のため、短い間隔で再来院していただけます。

とはいえ、施術直後は肌がデリケートになっており、頻繁に照射を行うことはできません。

そのため、当院では2週間〜1ヶ月の間隔を目安にピコトーニングの施術を行っております。

ただし、肝斑の治療は副作用のリスクがあるため、1ヶ月以上の治療間隔をおいています。

Q.ピコトーニングの治療効果を実感できるのは何回目からですか?

ピコトーニングの治療効果を実感できるのは何回目からですか?

ピコトーニングの治療効果を実感いただくため、おおむね5回以上の照射を推奨しています。

ピコトーニングは低出力のレーザーを照射するため、1回の施術で効果を実感できるのはまれです。個人差はありますが、5~10回の施術が必要とお考えください。

葛西形成外科が行った調査によれば、210名を対象にピコレーザーによるシミ(老人性色素斑)の治療を行ったところ、症状の改善が確認されたのは113名で、平均治療回数は4.6回という結果となりました。

(参考:低フルエンスピコ秒アレキサンドライトレーザー治療の効果と問題点|葛西形成外科 葛西 健一郎

上記の論文からも、効果を実感できるのは5回目以降であるといえます。

Q.ピコトーニングの施術後に肝斑が悪化することはありますか?

術後に肝斑が悪化することは少ないものの、すべての症状が改善に向かうとは限りません。

ピコトーニングは肝斑に対して有効性が高いと期待されています。これは低出力のレーザー照射により、表皮への刺激を抑えられるためです。

ただし、ピコトーニングにより肝斑が悪化するリスクはゼロではありません。

リスクを抑えるためにも、治療期間中は患部の状態をこまめに確認し、異常を感じたら直ちに再受診へとお越しください。

Q.ピコトーニングの治療をやめるとシミや肝斑は悪化しますか?

紫外線対策や保湿を怠ると、悪化や再発のリスクがあります。

ピコトーニングの治療を中断したからといって、すぐにシミや肝斑が悪化するわけではありません。

とはいえ、レーザー照射により肌がデリケートになっている可能性があります。紫外線対策や保湿をしっかりと行い、肌の状態を良好に保ってください。

ピコトーニングは根治を目指す施術ですが、治療には一定期間が必要です。何かお困りのことがございましたら、お気軽に担当医までご相談ください。

ピコトーニングの施術はアイシークリニックへ

ピコトーニングの施術はアイシークリニックへ

ピコトーニングは、肝斑やくすみ、シミなどに効果が期待できる治療法です。

出力の弱いレーザーを繰り返し照射することで、肌への負担を抑えながら治療を進められます。具体的には、主に次の症状に対して用いることが可能です。

  • 肝斑
  • くすみ、シミ
  • 毛穴開き
  • 赤ら顔

上記の肌トラブルに悩まれている方は、一度アイシークリニックにお越しください。患者さまに寄り添ったカウンセリングで、一人ひとりに合った治療計画をご提案いたします。

アイシークリニック診療予約・
お問い合わせ

WEB予約

監修者医師

高桑 康太 医師

・2009年 東京大学医学部医学科卒業
・2012年 東京大学医学部附属病院勤務
・2019年 当院治療責任者就任

佐藤 昌樹 医師

2010年 筑波大学医学部卒
2012年 東京大学医学部附属病院勤務
2017年 アイシークリニック入職

性別をお選びください

女性

男性