ご予約はこちらから ▼

WEB予約

◀︎保険診療メニュー

◀︎美容メニュー

性別をお選びください

女性

男性

アイシークリニック新宿院 アイシークリニック渋谷院 アイシークリニック上野院 アイシークリニック池袋院
お電話での予約はこちらから
1分で入力完了、簡単WEB予約
こちらは女性向けのメニューです。男性の方はこちらから >>

ピコフラクショナルレーザーとは?期待できる2つの効果や料金を解説

「ピコフラクショナルレーザーって何?」
「ニキビ跡やクレーターの改善はできる?」

などと、ピコフラクショナルレーザーの特徴や効果について気になっていませんか?

ピコフラクショナルレーザーは、小じわやニキビ跡・クレーターなどさまざまな肌トラブルの改善が期待できる治療法です。真皮の細胞を刺激することで、コラーゲンやエラスチンの生成を促し、肌のハリアップや肌質の改善へ導きます。

今回はピコフラクショナルレーザーの効果や料金を中心に解説します。こちらのページを読めば、ピコフラクショナルレーザーの治療を受けるべきか判断いただくことが可能です。

ピコフラクショナルレーザーとは?

ピコフラクショナルレーザーとは?

ピコフラクショナルレーザーは、レーザー光線の密度を高め、皮膚の深部まで光を照射できる治療法です。

ピコとは長さを示す単位であり、「1ピコ秒=1兆分の1秒」です。レーザーは照射時間が短くなるほど、皮膚組織へのダメージを少なく、色素を破壊できます。

痛みも最小限に抑えられるため、麻酔なしで施術を受けることも可能です。ここではピコフラクショナルレーザーと、その他のレーザー治療との相違点を解説します。

ピコトーニングやピコスポットとの違い

ピコ単位で照射できるレーザーは、ピコフラクショナルを含めて3種類あり、それらを総称して「ピコレーザー」と呼びます。

それぞれの特徴は次の通りです。​

照射モード タイトル
ピコフラクショナル ・毛穴の開きやニキビ跡など、肌の凹凸の改善が可能
ピコトーニング ・弱い出力のレーザーを照射
・シミや肝斑の除去
・肌全体のトーンをアップ
ピコスポット ・強い出力のレーザーを照射
・シミやほくろ、タトゥーの除去
・気になる黒ずみを集中的に除去できる

ピコトーニングは低出力のレーザーを広範囲に繰り返し照射する治療法です。

高出力レーザーでは悪化する可能性が高いシミでも、肌のダメージを抑えながら治療を進められます。

一方、ピコスポットはピコ秒のレーザーを患部にあてて、シミの原因物質であるメラニン色素を破壊する治療方法です。

ピコスポットやピコトーニングはシミやほくろ、タトゥーなどを除去でき、患者さまの患部の状態に合わせて使い分けられます。それに対して、ピコフラクショナルは毛穴開きやニキビ跡の改善にも効果が期待できます。

ダーマペンとの違い

毛穴やニキビ跡の改善には、他にも「ダーマペン」と呼ばれる治療法があります。

ダーマペンは極細針を皮膚にあて振動させることで細胞の活性化を促す手法です。針の刺激によってコラーゲンの生成が促進されるため、肌質の改善を期待できます。

フラクショナルレーザーとダーマペンの大きな違いは、シミやそばかす等、色素沈着に対しての治療効果です。

フラクショナルレーザーはシミやそばかすの治療も可能ですが、ダーマペンはこれらの症状には効果を示しません。ダーマペンは皮膚の自然治癒力を高める治療法であり、色素細胞を破壊することはできないためです。

そのため、肌の凹凸改善のみを目的とする場合は、主にダーマペンの治療を行います。

関連記事:ダーマペンで肌質改善!効果はいつから出る?3つの特徴や施術方法を解説!|アイシークリニック

ピコフラクショナルレーザーの2つの特徴

ピコフラクショナルレーザーの2つの特徴

ピコフラクショナルレーザーの特徴は、大きく次の2つです。

  • 皮膚表面へのダメージが少ない
  • ダウンタイムが短い

ピコフラクショナルレーザーは皮膚に与える影響が少ないレーザー治療です。

具体的にはダウンタイムが短く、皮膚表面へのダメージも少なくて済みます。ピコフラクショナルレーザーが持つこれらの特徴を具体的に解説します。

皮膚表面へのダメージが少ない

ピコフラクショナルレーザーは、皮膚表面へのダメージを抑えられます。肌へのダメージが少ないため、痛みを感じるリスクも低いです。

ナノ秒という非常に短い時間でレーザーを照射するため、熱エネルギーが皮膚表面に与える影響が少ないからです。

ピコフラクショナルレーザーは、皮膚への影響を最小限に抑えた治療法と言えます。

ダウンタイムが短い

ピコフラクショナルレーザーは、従来のフラクショナルレーザーと比較してダウンタイムが短いです。

ダウンタイムとは、施術を受けてから肌の状態が元に戻るまでの期間を指します。ピコフラクショナルは肌へのダメージが少ないのでダウンタイムも少ないです。

従来のナノ秒(10億分の1秒)で照射するフラクショナルレーザーは、数日程度のダウンタイムを引き起こす可能性がありました。それに対して、ピコフラクショナルはダウンタイムがほとんどないので、施術した当日にメイクをすることも可能です。

ピコフラクショナルレーザーで期待できる2つの効果

ピコフラクショナルレーザーで期待できる2つの効果

ピコフラクショナルレーザーによって期待できる効果は大きく次の2つです。

  • 小じわや肌質の改善
  • ニキビ跡・クレーターや毛穴の改善

小じわや肌質改善、ニキビ跡・毛穴の開きなど、肌の凹凸改善がピコフラクショナルの特徴です。

それぞれの効果について詳しく解説します。

①小じわや肌質の改善に効果あり

ピコフラクショナルレーザーは、真皮に存するコラーゲンやエラスチンを増加させることで、小じわや肌質の改善が可能です。

体内のコラーゲンやエラスチンが不足すると肌のたるみが生まれ、皮膚が寄ることによって小じわが引き起こされます。

肌質の改善にはコラーゲンの摂取だけでも一定の効果が期待できます。しかしコラーゲンとエラスチンをバランスよく摂取できれば、よりシワの改善が可能です。ゴムのような性質を持つエラスチンは、鋼のように硬いコラーゲンの結合力を強めます。

ピコフラクショナルレーザーは、コラーゲンとエラスチンどちらも増殖・活性化させることが可能です。

②ニキビ跡・クレーターや毛穴を目立たなくできる

ピコフラクショナルレーザーは、ニキビ跡やクレーター、毛穴の開き等の症状にも効果をもたらします。

ニキビによって皮膚の炎症が長期間になると、陥没して肌に凹凸ができることがあります。凹凸のあるニキビ跡はクレーターとも呼ばれ、自力で治すのは困難です。

また肌のハリ不足や加齢による毛穴の伸長によって、毛穴が目立つようになります。

ピコフラクショナルレーザーは、皮膚のターンオーバーを促して綺麗な針のある肌質へ導きます。コラーゲンやエラスチンを増殖させるはたらきもあるので、組織再生によってクレーターの改善も可能です。

ピコフラクショナルレーザーがおすすめな人

ピコフラクショナルレーザーがおすすめな人

次の項目に当てはまる方は、ピコフラクショナルレーザーの施術をおすすめします。

  • 小じわや肌質を改善したい方
  • でこぼこのニキビ跡を何とかしたい方
  • 毛穴が気になる方
  • フラクショナルレーザーのダウンタイムを避けたい方
  • クレーターを改善したい方

ピコフラクショナルレーザーは、ニキビ跡や小じわ、毛穴のたるみ、萎縮性瘢痕(クレーター)などに効果をおよぼします。

治療による肌へのダメージも少ないので、痛みやダウンタイムを避けて治療を受けたい方にはピコフラクショナルレーザーがおすすめです。

ピコフラクショナルレーザー施術の流れと術後の経過

ピコフラクショナルレーザー施術の流れと術後の経過

当院のピコフラクショナルレーザーの流れは、以下の通りです。

  1. 医師の診察
    まずは医師によるカウンセリングを実施します。患者さまのお悩みをしっかりとお聞きし、ピコフラクショナルレーザーの使用が適切な事例か判断いたします。ご不安や疑問などありましたら、お気兼ねなくご相談ください。
  2. 施術準備
    治療を受ける前にはクレンジングや洗顔によって、皮脂やメイクを落とします。施術時の痛みは強くありませんが、痛みが不安な方は麻酔クリームの塗布も可能です。
  3. ピコレーザー照射
    マーキングや消毒をして、アイガードをしてレーザーを照射します。照射の波長や出力は、患者さまの施術の目的によって変動します。レーザーの施術時間は5~20分程度です。
  4. アフターケア・治療後の経過
    ダウンタイムがほとんどないため、治療後は担当医師の指導のもと当日中のメイクも可能です。

ピコフラクショナルレーザーの施術料金

当院のピコフラクショナルレーザーの料金は、施術内容によって異なります。

料金の詳細は、お悩み別に以下の料金表からそれぞれご確認ください。

ピコフラクショナルレーザーに関するよくある質問

ピコフラクショナルレーザーに関するよくある質問

ピコフラクショナルレーザーをはじめて打つ方が抱きやすい疑問に対して回答をまとめました。

Q.施術時に痛みはありますか?

ピコフラクショナルレーザーは、ほぼ痛みを感じずに治療を受けられます。

痛みが生じたとしても、弱い力で針を肌にさされたたり、輪ゴムではじかれたりする程度です。

レーザー治療による痛みは、周囲の組織へ熱を発生させてしまうため、照射時間が長くなるほど大きくなります。ピコフラクショナルレーザーは照射時間が一瞬なので、痛みを最小限に抑えられます。

それでも痛みが心配な方は麻酔を使用することも可能です。

Q.ピコフラクショナルレーザーでシミは改善できますか?

ピコフラクショナルレーザーでシミの改善は期待できません。

シミを改善させたい場合は、ピコスポットで照射する必要があります。ピコスポットはシミをはじめ、色素沈着の治療へ適しています。

当院はピコフラクショナル・ピコスポット・ピコトーニングの照射が可能です。ニキビ跡や小じわの改善だけでなく、シミや肝斑の除去をお考えの方は、ぜひ当院をご利用ください。

Q.施術後にニキビが悪化することはありますか?

ピコフラクショナルレーザーの照射によって、ニキビが悪化する可能性はあります。

施術による炎症や腫れが毛穴を閉塞させ、ニキビの症状が酷くなることがあります。

ただし、万が一ニキビが悪化しても一時的なケースがほとんどです。約1週間程度で、症状が治まるケースがほとんどです。

ピコフラクショナルレーザーの施術はアイシークリニックへ

ピコフラクショナルレーザーの施術はアイシークリニックへ

ピコフラクショナルレーザーは真皮の線維芽細胞に直接はたらきかけ、肌の生成物質の活性化をもたらす治療法です。

ピコフラクショナルレーザーの施術で期待できる効果は主に次の2つです。

  • 小じわや肌質の改善
  • ニキビ跡・クレーターや毛穴の改善

また、ダウンタイムが短く痛みも少ないため、レーザー治療による副作用等に不安を感じる方でも治療を受けやすいかと思います。

当院は痛みが少なく、周辺部位を傷つけない治療に努めています。主要駅からのアクセスも良いので、ぜひお気軽にアイシークリニックをご利用ください。

アイシークリニック診療予約・
お問い合わせ

WEB予約

監修者医師

高桑 康太 医師

・2009年 東京大学医学部医学科卒業
・2012年 東京大学医学部附属病院勤務
・2019年 当院治療責任者就任

佐藤 昌樹 医師

2010年 筑波大学医学部卒
2012年 東京大学医学部附属病院勤務
2017年 アイシークリニック入職

性別をお選びください

女性

男性