ダブロ(ダブロゴールド)でたるみを改善|効果や副作用、他のHIFU機器との違いを解説

  • 本コラムの内容について、当院では現時点では取り扱いがございませんが、情報のひとつとしてご利用下さい。

「ダブロゴールドで顔のたるみを改善できる?」
「ダブロと他のHIFU治療器は何が違うの?」

などとお考えではありませんか?

ダブロ(ダブロゴールド)は、たるみの改善が期待できるHIFU治療器です。高密度の超音波を用いて皮膚の筋膜層を刺激し、肌の引き締め・引き上げを促します。

照射のエネルギーが均一に分散するため、治療の痛みを抑えることが可能です。

このページでは、タブロの効果と副作用、他のHIFU機器との違いを解説します。

なお、HIFUに興味がある方は下記の記事もおすすめです。HIFUの効果や副作用、メリット・デメリットなどの基礎知識について幅広く解説しています。

HIFU(ハイフ)とは?効果や副作用、メリット・デメリットについて解説

HIFU(ハイフ)とは?効果や副作用、メリット・デメリットについて解説

「HIFUって何?」 「HIFUの効果や副作用、治療の流れについて知りたい」 とお考えではありませんか? HIFUは皮膚表面へダメージを与えることなく、熱で皮膚の内側から肌を引き締める痩身治療です。顔 ...

ダブロとは?韓国メーカーのHIFU(ハイフ)治療器

ダブロとは?韓国メーカーのHIFU(ハイフ)治療器

「ダブロ」は韓国製のHIFU(ハイフ)治療器です。ダブロには次世代機「ダブロゴールド」があり、顏のリフトアップが期待できます。

HIFUとは高密度焦点式超音波(High Intensity Focused Ultrasound)の略称であり、超音波を用いて肌のたるみを改善する技術を指します。

いわゆる「切らないリフトアップ」のひとつとして、日本のクリニックでも広く普及している治療法です。

HIFUの仕組みは?超音波を用いて肌を内部から引き締める

HIFUは高密度の超音波を用いて、顔のリフトアップを目指します。

顔がたるんで見える直接の原因は、皮膚組織の下にある筋膜「SMAS」の衰えです。

SMASには肌を土台から支える役割があり、加齢によって衰えることで、肌のたるみを引き起こします。

しかし、従来のリフトアップで用いる高周波は、浅い皮下組織には届いても、深いSMASにまで届かせることは困難でした。

HIFUは超音波を用いることで、SMASに直接はたらきかけ、肌の内側から引き締めることが可能です。メスを用いない治療のため、身体への負担も大きく抑えられます。

以下のページでは、当院のHIFUについて詳しく解説していますので、リフトアップをご検討されている方はぜひお読みください。

HIFU(ハイフ)とは?顔のたるみ改善効果が期待できる「ウルトラフォーマーⅢ」

ダブロの特徴は?3種類のカートリッジで周波数を選択

ダブロは、症状に応じて異なる種類のカートリッジを使い分けます。

カートリッジとは、周波数の変換器が内蔵された照射口のことです。ダブロゴールドには次のカートリッジが用意されています。

カートリッジの種類 ターゲットとする部位 期待できる効果
1.5mm 表皮から真皮までの浅い層 皮膚が薄い目元の小じわやたるみを改善する
3.0mm 真皮から皮下脂肪組織までのやや深い層 コラーゲンの産生を促してリフトアップ力を高める
4.5mm SMASのある皮下脂肪より深い層 皮膚を土台から引き締め全体的なたるみを改善する

ダブロゴールドは3種類のカートリッジを差し替えることで周波数を変更し、症状にあわせた治療を行います。

ダブロゴールドとダブロとダブロS+の違い

医療用のダブロには、初代機「ダブロ」のほかに次世代機「ダブロS+」「ダブロゴールド」があります。

以下の表は、3種類の機器の特徴をまとめたものです。

ダブロ ダブロS+ ダブロゴールド
適応部位 顏・体 顏・体
照射速度 普通 普通 速い
痛み やや痛い やや痛い 少ない

ダブロS+はカートリッジの種類が増えたことで、体への照射ができるようになりました。

さらに、ダブロゴールドは8分間で300ショットの高速照射が可能になったことで、施術時間が短縮されています。

ダブロゴールドの効果|顔のたるみを改善

ダブロゴールドの効果|顔のたるみを改善

ダブロゴールドには、主に次の効果が期待できます。

  • 頬などのたるみを改善する
  • 目元などの小じわを改善する
  • 脂肪を減らし部分痩せを目指す

ダブロゴールドは頬や目元、首などさまざまな部位に適応します。

また、専用のカートリッジを装着することで体にも照射可能です。指定した部位の脂肪細胞を減らす効果も期待でき、痩身治療にも用いられます。

効果はいつから出る?早ければ1ヶ月で実感できることも

ダブロゴールドの効果は治療後1~3ヶ月をかけて、徐々にあらわれます。

具体的には、次のように2段階での効果が期待できます。

経過 期待される効果
施術直後 熱により筋膜のタンパク質が縮み、肌が土台から引き締められる
施術後1~3ヶ月 皮膚の再生過程でコラーゲンが増加し、肌のハリや弾力がアップする

上記の通り、施術直後は効果が物足りないと感じても、1~3ヶ月後には肌質の変化が期待できます。

施術後はUVケアや保湿ケアを行いつつ、時間をかけて経過観察することが大切です。

効果の持続期間は?約半年~1年が目安

ダブロゴールドのリフトアップ効果は、長ければ1年ほど持続します。

照射によるコラーゲンの増加にともない、施術後1~3ヶ月は肌の引き締め力が持続しますが、その後は減少に向かいます。

年齢や肌の状態によって異なるものの、おおむね半年から1年は効果を実感できるでしょう。

肌の状態を長く維持するためには、効果が減少に転じたタイミングで再施術を受けることが大切です。可能であれば、1ヶ月~3ヶ月に1回の頻度で治療を継続しましょう。

エステのダブロは効果なし?低出力で十分な施術ができない

ダブロは医療機器ですが、エステサロン向けのダブロも販売されています。ただし、エステサロン向けに販売されているダブロは、医療用のダブロと比べて効果が限定的です。

エステ用と医療用のダブロの違いは、以下の表をご覧ください。

医療用のダブロ エステ用のダブロ
熱エネルギーの出力 65℃以上 40℃台前半
期待できる効果 たるみやほうれい線まで改善できる 肌にハリが出る程度

エステ用のダブロは出力が抑えられているため、肌にハリが出る程度の効果しか期待できません。皮膚の深部にまで熱エネルギーを到達させ、たるみの改善を行えるのは医療用のダブロのみです。

また、エステ用のHIFU機器は医療従事者でないスタッフが扱うため、熱傷などのリスクがあります。

トラブルを避けるためにも、ダブロゴールドをご検討されている方はクリニックにご相談ください。

ダブロゴールドの副作用|一時的に腫れる・筋肉痛になる可能性あり

ダブロゴールドの副作用|一時的に腫れる・筋肉痛になる可能性あり

ダブロゴールドには、主に次の副作用があります。

  • 赤みや腫れ
  • むくみ
  • 筋肉痛や熱感

いずれの副作用も、照射時の熱が主な原因です。副作用を避けるためには、施術部位に合わせて出力の強さや回数を調整してもらうことが大切です。

施術後1~2週間は赤みや腫れが続く場合がありますが、当日からメイクで隠せます。

また、ヒリヒリ感や筋肉痛に似た症状が1ヶ月ほど続く可能性もあります。肌が敏感になっていると考えられるため、施術後は強い刺激は避け、UVケアを心がけてください。

ダブロゴールドの施術に痛みはある?熱が分散されるためほとんど感じない

個人差はありますが、ダブロゴールドは痛くない施術を目指せます。

これは、照射のエネルギーが均一に分散されるためです。

もしも照射範囲が狭くて出力にムラがあると、熱が一か所に集中して強い痛みを感じてしまいます。

その点、ダブロゴールドは同一のエネルギーで広範囲に照射するため、痛みの少ない治療が可能です。

ただし、人によっては肌の奥が温かくなるような熱感を覚えます。出力の調整も可能ですので、痛みが苦手な方は施術前に医師へご相談ください。

ダブロゴールドとソノクイーンの違いは?5種類のHIFU治療器を比較

ダブロゴールドとソノクイーンの違いは?5種類のHIFU治療器を比較

ダブロゴールドをはじめとするHIFU治療器は、以下のように効果の持続力や施術時の痛みに違いがあります。

ダブロゴールド ソノクイーン ウルセラ ウルトラフォーマーIII ウルトラセルQプラス
熱エネルギー温度 最大65℃以上 最大70℃ 最大70℃ 最大75℃ 最大65℃
効果の持続 半年 半年 半年~1年 半年~1年 半年~1年
施術時の痛み 少ない 少ない やや強い 少ない 少ない
特徴 熱エネルギーの分散により痛みが生じにくい 目元の小じわにも照射可能 熱量が高く長期の効果が期待できる 肌質の改善も期待できる 連続照射により施術時間が短い

ダブロゴールドは熱エネルギーが分散されるため、照射時の痛みを感じにくい特徴を持ちます。

一方で効果の持続力はやや弱いため、長期のリフトアップを希望する方は他のHIFU治療器をご検討ください。

ここからは、各マシンの特徴を詳しく解説していきます。

ソノクイーン|目元の小じわにも照射可能

ソノクイーンは、目元の引き締め力が高い機器です。

3種類のカートリッジのうち、最も短いものは深さ2.0mmの層に照射できます。別名「アイシャドウHIFU」と呼ばれており、目の周囲に対応する小さなカートリッジが特徴です。

細かい部位に照射できるため、目元や口元の小じわを改善するにはソノクイーンが適しています。

以下のページでは、ソノクイーンについて詳しく解説しているので、あわせてお読みください。

ソノクイーンとは?効果やメリット・デメリット、他のハイフ機器との違いを解説

ウルセラ|熱量が高く長期の効果が期待できる

ウルセラは、高出力のエネルギーが特徴の機器です。

HIFU治療器のなかでも先発品にあたり、日本の厚生労働省にあたる「FDA(米国食品医薬品局)」の認可を取得しています。

パワーが強いため持続力も高く、1回の施術で半年~1年ほどの効果が期待できます。

ただし、照射時の痛みも強い傾向にあるため、場合によっては冷却や麻酔などの対策が必要です。

以下のページでは、ウルセラについて詳しく解説しているので、あわせてお読みください。

ウルセラとは?熱を加えてリフトアップできるたるみ改善の機械

ウルトラフォーマーⅢ|肌質の改善も期待できる

ウルトラフォーマーⅢ|肌質の改善も期待できる

ウルトラフォーマーIIIには、肌質の改善を促す照射モード「ハイフシャワー」が備わっています。

ハイフシャワーは、2.0mmの短いカートリッジを用いて顔全体を照射します。

皮膚の浅い層に熱刺激を加えることで、コラーゲンの生成を促進。肌のハリ回復や毛穴の引き締めを促します。

そのほか、肌の深層部には熱を当てないため、痛みやダウンタイムを抑えた治療が可能です。

以下のページでは、ウルトラフォーマーIIIについて詳しく解説しているので、あわせてお読みください。

HIFU(ハイフ)とは?顔のたるみ改善効果が期待できる「ウルトラフォーマーⅢ」

ウルトラセルQプラス|連続照射により施術時間が短い

ウルトラセルQプラスは、施術時間の短い機器です。

1ショットあたりの照射時間は約0.7秒。顔全体の目安である400ショット照射しても、約5分で施術が終わる計算です。

また、照射による痛みも少ないため、身体に負担をかけずに治療を進められます。

以下のページでは、ウルトラセルQプラスについて詳しく解説しているので、あわせてお読みください。

ウルトラセルQプラスとは?期待できる効果や痛み、リニア・ドットの違いを解説

まとめ:ダブロゴールドは痛みが苦手な方におすすめのHIFU治療器

ダブロゴールドは痛みが苦手な方におすすめのHIFU治療器

ダブロゴールドは、たるみの改善などを目的としたHIFU治療器の一種です。

高密度の超音波を皮膚の深部に照射することで、SMASと呼ばれる筋膜を刺激。肌を土台から引き締めます。

照射のエネルギーが分散されるため痛みを抑えられますが、一方で効果の持続力がやや弱い欠点を持ちます。

できるだけ痛くないリフトアップ治療を探されている方は、ダブロゴールドをご検討ください。

なお、HIFUに興味がある方は下記の記事もおすすめです。HIFUの効果や副作用、メリット・デメリットなどの基礎知識について幅広く解説しています。

HIFU(ハイフ)とは?効果や副作用、メリット・デメリットについて解説

HIFU(ハイフ)とは?効果や副作用、メリット・デメリットについて解説

「HIFUって何?」 「HIFUの効果や副作用、治療の流れについて知りたい」 とお考えではありませんか? HIFUは皮膚表面へダメージを与えることなく、熱で皮膚の内側から肌を引き締める痩身治療です。顔 ...

監修者医師

高桑 康太 医師

2009年 東京大学医学部医学科卒業
2012年 東京大学医学部附属病院勤務
2019年 当院治療責任者就任

佐藤 昌樹 医師

2010年 筑波大学医学部卒
2012年 東京大学医学部附属病院勤務
2017年 アイシークリニック入職

ご予約・お問い合わせは
こちらから

Webからの
ご予約・お問い合わせ

24時間ご予約受付が可能です。当院WEB予約担当より返信が届き次第受付完了となります。
なお24時間以内に返信がない場合、メールがブロックされている場合がありますので、当院電話受付までお電話ください。

お電話での
ご予約・お問い合わせ

ご予約希望日の前日の夜、もしくは当日などお急ぎの場合は、必ずお電話よりご予約ください。

お知らせ

新宿院 東京院 渋谷院 上野院 池袋院
お電話での
ご予約はこちら
1分で入力完了
簡単Web予約