こちらは女性向けのメニューです。男性の方はこちらから >>

ルートロトーニングとは?効果や副作用、レーザートーニングとの違いについても解説

「シミや肝斑、そばかすを改善したい」
「ルートロトーニングとレーザートーニングの違いは?」

などのお悩みをお持ちではありませんか。

ルートロトーニングは肝斑や炎症性色素沈着の改善が可能な治療法です。レーザー機器「スベクトラ」の照射モードの一つで、狙ったメラニン部位以外へのダメージは抑えられています。

このページでは、ルートロトーニングの特徴や期待できる効果、副作用などのリスクについて解説します。ルートロトーニングでシミやそばかすを改善したい方はぜひご一読ください。

当院では患者様一人ひとりに適した治療法を提案し、結果にこだわった治療を行います。
お悩みや症状をしっかりとヒアリングいたしますので、まずは以下のボタンからカウンセリングをお申込みください。

ルートロトーニングとは?スペクトラのトーニング照射

ルートロトーニングとは?スペクトラのトーニング照射

ルートロトーニングとは、弱い出力でレーザーを照射してメラニンを少しずつ減らしていく施術です。

ルートロニック社のQスイッチYAGレーザー「スベクトラ」で照射できるレーザーとなっています。低出力なので、少ない副作用・ダウンタイムで施術を受けることが可能です。

また、ルートロトーニングには以下の2つの特徴もあります。

  • 肝斑治療や炎症性色素沈着の治療に有効
  • ルートロトーニングは正常な肌へのダメージが少ない

ここからは、それぞれの特徴について解説します。

ルートロトーニングの特徴は?肝斑治療や炎症性色素沈着の治療に有効

ルートロトーニングは、肝斑治療や炎症性色素沈着の治療に有効なレーザーです。

肝斑や炎症性色素沈着は、刺激を与えると逆に悪化するという特徴があります。そのため、従来のQスイッチYAGレーザーは肝斑や炎症性色素沈着を悪化させるリスクがあり、レーザーによる治療は困難とされていました。

しかし、ルートロトーニングはメラニンを生成する細胞「メラノサイト」への刺激を抑えた照射が可能で、悪化リスクを抑えて肝斑のメラニンを破壊することが可能です。

また、ルートロトーニングが照射可能な「スベクトラ」は、あざの一種「ADM(後天性真皮メラノサイトシス)」の治療にも用いられます。

ルートロトーニングは正常な肌へのダメージが少ない

ルートロトーニングは、正常な肌へのダメージが少ない照射モードです。

従来のQスイッチYAGレーザーは照射面の出力にムラがあり、メラニンに不均一に吸収されるため効果にもムラがありました。そのためメラニン除去の効果を強くしようとすると、肌へのダメージも強くなるといったデメリットがありました。

その点、スペクトラのルートロトーニングは均一な出力で照射ができるため、シミなど狙ったメラニン以外の組織に対して熱ダメージが抑えられています。

ルートロトーニングの効果は?シミ・そばかすの改善

ルートロトーニングの効果は?シミ・そばかすの改善

ルートロトーニングはシミやそばかすの改善が可能です。メラノサイトへの刺激は抑えつつシミやそばかすの原因となるメラニン色素を破壊する効果が期待できます。

ルートロトーニングは低出力のエネルギーを使用して、メラニン色素を徐々に破壊していく治療法のため、繰り返し施術することで美白肌を目指すことが可能です。

また、5ナノセカンド(10億分の1秒)という短い間隔でレーザーを照射可能。肝斑への刺激を抑えて、肝斑を悪化させずに改善へと導きます。

ルートロトーニングは効果なし?効果を実感するまでの回数の目安

ルートロトーニングの効果を実感するまでの回数は、個人差がありますが5〜10回が目安です。

ルートロトーニングは弱い出力のレーザーを照射して徐々にメラニン色素を除去していく治療法。シミ・そばかす・肝斑の改善効果を実感するには、複数回の施術が必要になります。

ただし、薄いシミなど症状によっては1回で効果を実感できることもあります。

また、ルートロトーニングの施術間隔は2週間に1回のペースです。

ルートロトーニングにデメリットはある?副作用リスクがある

ルートロトーニングにデメリットはある?副作用リスクがある

ルートロトーニングにはデメリットとして、以下のような副作用リスクもあります。

  • 副作用として照射後まれにかゆみやニキビが発生する
  • 施術を受けられない方がいる

ここからは、それぞれの詳細について解説します。

副作用として照射後まれにかゆみやニキビが発生する

ルートロトーニングの施術後、副作用としてまれにかゆみが生じたりニキビができたりする場合があります。

しかし、かゆみやニキビが発生しても保湿ケアを行うことで改善されていくため、重く受けとめる必要はありません。

また痛みには個人差がありますが、照射中は軽い刺激を感じる程度です。ルートロトーニングでは基本的に大きな痛みを感じにくいです。

ルートロトーニングの施術を受けられない方は?

施術したい部位に傷があっても、部分的なものであれば避けて施術することも可能です。基礎疾患がある方は施術前に医師へ相談しましょう。

また、ハイドロキノンやトレチノインの外用をしている方は、施術のタイミングを調整する必要があるため施術前に医師へ相談してください。

ルートロトーニングの施術の流れ

ルートロトーニングの施術の流れ

ルートロトーニングの施術の流れは、以下の通りです。

  1. 洗顔
    症状を確認するため、メイクを落とします
  2. カウンセリング
    気になる部分などを伺って、一人ひとりに合った施術法を提案します
  3. 施術
    患部に照射していきます。施術にかかる時間は15分程度です
  4. 保温やUVケアを行い帰宅
    照射後にガーゼや軟膏などでケアする必要はありません

施術後はメイクをしてお帰りいただけます。また、照射後のダウンタイムはほとんどなく、施術時の麻酔や施術終了後の冷却も不要です。

ルートロトーニングの施術後の経過

ルートロトーニングの施術後の経過には個人差がありますが、5〜10回ほどでシミや肝斑が改善されていきます。

施術後にはUVカットと保湿ケアをこまめに行うことが大切です。

なお、長時間日焼けした場合、治療で肝斑が悪化するリスクがあるため日焼け肌の状態が落ち着くまで施術を中断しなければいけません。

また、ご自宅でのお手入れやメイク時には、施術をしている部位をこすったり刺激を与えたりしないよう注意しましょう。

ルートロトーニングとレーザートーニングとルートロピールの違い

ルートロトーニングとレーザートーニングとルートロピールの違い

ルートロトーニングは「スペクトラ」のレーザートーニングのことです。

そのため、ルートロトーニングとレーザートーニングに違いはありません。

ルートロトーニングのほかに、シミやそばかすを改善する治療法として、ルートロピールやピコトーニング、フォトフェイシャルなどがあります。それぞれの違いは次の通りです。

施術名 ルートロトーニング ルートロピール ピコトーニング フォトフェイシャル
治療方法 QスイッチYAGレーザー QスイッチYAGレーザー ピコレーザー IPL治療
治療内容 ・低出力のエネルギーでメラニンを破壊 ・低出力のエネルギーでメラニンを破壊
・真皮でコラーゲンの産生を促進
・熱ではなく衝撃波でメラニンを破壊 ・光エネルギーで肌トラブルを改善
期待できる効果 ・肝斑やシミ、そばかすの改善
・美白効果
・シミやくすみの改善
・美白効果
・肝斑やシミ、くすみの改善 ・シミやそばかす、くすみの改善
・ニキビを改善
特徴 ・麻酔やガーゼ不要
・肝斑の治療が可能
・麻酔やガーゼ不要
・お肌のトーンアップが可能
・少ない回数で効果を期待可能
・肝斑の治療が可能
・レーザー治療よりも効果が控えめ

いずれもシミやそばかすをはじめとするメラニンを除去して美白肌を目指す治療法です。しかし、それぞれ治療内容や期待できる効果がやや異なります。

ルートロピールやピコトーニング、フォトフェイシャルについて、それぞれ以下のページで詳しく解説しているのであわせてご覧ください。

ルートロピールとは?効果や副作用、スペクトラの照射モードの違いを解説

ピコトーニングはシミや肝斑に効果がある?治療の流れと経過、治療間隔まで解説

フォト治療(ICON)でシミやニキビ跡を治そう!その効果や特徴、注意点も解説!

ルートロトーニングの料金

当院のルートロトーニングの料金について知りたい方は、以下の料金表をご覧ください。

シミ・肝斑の料金表
美肌、ハリツヤの料金表
体の黒ずみの料金表

ルートロトーニングに関するよくある質問

ルートロトーニングに関するよくある質問

ルートロトーニングに関するよくある質問とその回答をまとめました。

Q.ルートロトーニングの施術に痛みはありますか?

ルートロトーニングの施術に痛みはほとんどありません。

出力を抑えたレーザーをメラニンに照射するため、メラニン周辺の皮膚には損傷を与えにくく痛みも感じにくいです。

さらに、赤みなどダウンタイムもほとんどありません。

Q.ルートロトーニングで肝斑が濃くなることはありますか?

ルートロトーニングを行った結果、肝斑が濃くなる可能性は高くありません。

ただしホルモン性肝斑の場合は、照射部分をこすったり摩擦を起こしたりすると逆に濃くなることもあります。

肝斑の症状がある肌はこすらず、保湿やUV対策をしっかり行うことが大切です。

なおホルモン性肝斑は、内側からのホルモンの刺激が原因となって濃くなる症状があります。生理などでホルモンの刺激が加わると肝斑が濃くなる場合がありますが、ルートロトーニングで改善可能です。

ルートロトーニングの施術はアイシークリニックへご相談ください

ルートロトーニングの施術はアイシークリニックへご相談ください

ルートロトーニングは、スペクトラを用いて低出力のレーザーを繰り返し照射する施術です。ルートロトーニングは、以下のような特徴があります。

  • シミ・肝斑・そばかすの改善効果が期待できる
  • 症状が出ている部位周辺の肌へのダメージを抑えられる
  • 10回ほど施術すると効果を実感しやすい

ルートロトーニングは痛みが少ない施術方法でもあります。シミや肝斑、そばかすでお悩みの方は、一度アイシークリニックへご相談ください。

当院では患者様一人ひとりに適した治療法を提案し、結果にこだわった治療を行います。
お悩みや症状をしっかりとヒアリングいたしますので、まずは以下のボタンからカウンセリングをお申込みください。

監修者医師

高桑 康太 医師

2009年 東京大学医学部医学科卒業
2012年 東京大学医学部附属病院勤務
2019年 当院治療責任者就任

佐藤 昌樹 医師

2010年 筑波大学医学部卒
2012年 東京大学医学部附属病院勤務
2017年 アイシークリニック入職

ご予約・お問い合わせは
こちらから

Webからの
ご予約・お問い合わせ

24時間ご予約受付が可能です。当院WEB予約担当より返信が届き次第受付完了となります。
なお24時間以内に返信がない場合、メールがブロックされている場合がありますので、当院電話受付までお電話ください。

お電話での
ご予約・お問い合わせ

ご予約希望日の前日の夜、もしくは当日などお急ぎの場合は、必ずお電話よりご予約ください。

お知らせ

新宿院 渋谷院 上野院 池袋院
お電話での
ご予約はこちら
1分で入力完了
簡単Web予約