ご予約はこちらから ▼

WEB予約

性別をお選びください

女性

男性

アイシークリニック新宿院 アイシークリニック渋谷院 アイシークリニック上野院 アイシークリニック池袋院
お電話での予約はこちらから
1分で入力完了、簡単WEB予約
アイシークリニックの男性治療メニュー アイシークリニックの男性治療メニュー
こちらは男性向けのメニューです。女性の方はこちらから >>

赤ら顔の2つの原因とは?顔の赤みの治療は市販品ではなくクリニックを受診しよう

「小鼻や頬にでる赤みをなんとかしたい…!」
「スキンケアやメイクで、顔の赤みを隠せないの?」

など、赤ら顔で悩んでいる方は多いかと思います。顔の赤み・赤ら顔は正しいスキンケアで症状を和らげることが可能ですが、根本的に改善するには、クリニックで治療を受けることが大切です。

本ページでは、赤ら顔の原因と対処方法について解説していきます

  • 赤ら顔になる原因
  • スキンケア方法
  • メイクで隠す方法
  • クリニックによる治療法

などを紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。

赤ら顔とは?肌に赤みが出る2つの原因を紹介

赤ら顔とは、顔が赤みを帯びている状態のことを指します。例えば次の原因によって赤ら顔が起こります。

  1. 皮膚の炎症による症状
  2. 毛細血管拡張症による症状

症状によって対応も変わるので、まずはどのような肌トラブルによって赤みが出ているのか、確認しておきましょう

炎症|ニキビや乾燥、皮膚炎の刺激によって炎症を起こす

赤ら顔になる原因の一つが、外部刺激による炎症や皮膚への刺激です

ニキビや乾燥、皮膚炎などの肌トラブルによって赤みが出てしまいます。

また炎症をともなうニキビを繰り返し、慢性化することで赤みが出るケースもあります。

炎症や刺激による赤みの症状は、毛細血管が新しく生まれ変わることによるものです。

毛細血管拡張症|毛細血管が拡張して皮膚表面に浮き上がる

毛細血管拡張症とは、毛細血管が拡張して血管が肌の表面に赤く浮き上がり、赤ら顔になってしまう症状のこと

人によって毛細血管拡張症のタイプは異なり、血管が確認できない程度の方もいれば、肌表面に血管が線状に浮き出て見えるタイプの方もいます。とくに、毛細血管が多くある鼻や頬周りで、症状を認められることが多いです。

毛細血管拡張症は、色白の人や皮膚が薄い人に表れやすく、生まれつきの要因があることも特徴です

また、温度差や精神的影響によっても赤みがでるので、緊張していたり飲酒していたりするとより症状が強く出る傾向があります。

クレンジングや洗顔が原因で赤ら顔になることがある

洗顔やクレンジングをするときに、顔を強くこすってしまい赤ら顔になる場合もあります。

顔の角質は0.02mmほどで、ラップ1枚とほとんど同じ厚さです。そのため、洗顔時などに強くこすると肌を痛めてしまいます

ほかにも、次のような原因で赤ら顔になることもあります。

  1. 洗浄力の高すぎるクレンジングを使用している
  2. スクラブやピーリングを使いすぎている

肌への負担を減らすために、肌にやさしいミルクタイプやクリームタイプを選ぶようにしましょう。拭き取りタイプやオイルタイプのクレンジング剤は刺激が強い傾向にあります。

また、スクラブやピーリング剤の使用回数が多いと肌の表面層にある角質を取りすぎてしまうため、肌のバリア力が低下し、赤みを引き起こしやすいです。スクラブやピーリングは肌の調子に合わせて、使用頻度を調整しましょう。

化粧水で赤ら顔は改善できる?自宅でできるスキンケア

化粧水やクリームなど、肌を保湿できる製品を上手に活用することで、赤ら顔・赤みの症状の緩和が期待できます

自らの皮脂による刺激で皮膚が赤くなっている場合には、皮脂分泌を抑える作用のある化粧水やクリームを選びましょう。例えばビタミンC誘導体やライスパワーエキス配合の化粧品を使用すれば、皮脂分泌を抑える効果が見込めます。

また、赤みの出ている肌は敏感な状態なので、低刺激な化粧品で保湿するのもポイントです。セラミドなどの保湿成分を浸透させることで肌のバリア力が高まり、赤みの改善が期待できます。

しかし体質的な要因も重なって赤ら顔が起こるので、市販の化粧品で完治させるのは難しい側面もあるでしょう。あくまで赤みの緩和や予防として化粧品でのセルフケアを行いましょう。

赤ら顔をメイクで隠す方法!赤みのタイプ別ベースメイク

メイクを工夫することで、赤ら顔を隠す方法もあります。

具体的にはコントロールカラー(化粧下地)やコンシーラー、ファンデーションなどのアイテムが赤ら顔を隠すのに有効です。

化粧品の色は、赤みの症状に合わせて選びましょう。

赤みの症状
グリーン 赤みのあるりんごほっぺ
ブルー 少しくすんだ赤みがある
イエロー 肌の青みが強い
顔が全体的に赤い

グリーンとブルーは赤みを消すのに有効ですが、顔色が悪く見えやすいというデメリットもあります。

とくにグリーンを塗りすぎると、白っぽい顔色になりやすいです。鏡で顔色を確認しながら、顔色が悪くなってないか確認しながらメイクをするのがいいでしょう。

ちなみに、ピンクやパープルを選んでしまうと、赤ら顔に赤色を足してしまう形になるので避けましょう。

赤ら顔を根本的に治すならクリニックへ相談しよう

スキンケアやメイクを行っても、赤ら顔の根本的な改善にはつながりません。市販の化粧品は治療を目的としていないためです。

スキンケアでなかなか改善できない赤ら顔は、クリニックでの治療をご検討ください。クリニックであれば、赤ら顔の原因を診断した上で症状に合った治療を受けられます。

炎症や刺激による赤みか、それとも毛細血管拡張症による赤みなのかを自身で判断するのは簡単ではありません。原因が分からないままやみくもにスキンケアを続けては、改善どころか症状が悪化する可能性もあります。

より効率よく赤み・赤ら顔を改善するなら、一度クリニックで診察を受けてみましょう。

アイシークリニックの赤ら顔治療

アイシ―クリニックで行っている赤ら顔の治療は、以下の3つです

  1. Vビーム
  2. フォトフェイシャル(ICON)
  3. QスイッチYAGレーザー(スペクトラ)

それぞれの治療方法について、詳しく解説していきます。

Vビーム

Vビームとは、毛細血管拡張症や顔の赤みに対して使用するレーザー治療のこと

一般的なレーザーは黒色のメラニン(しみやそばかすの原因)に反応しますが、Vビームは赤色の色素に反応するので、赤ら顔の改善が期待できます

ほかにも、小じわの改善や肌のハリ・ツヤの向上などの効果も見込めます。

Vビームの施術の痛みは、輪ゴムで弾かれた程度です。そのため、痛みと同時に肌への負担も軽減されます。感じ方には個人差がありますが、施術の痛みが気になるという方は、ぜひVビームをご検討ください。

また、Vビームによる治療は何回も繰り返し施術を行うことで効果を期待できます。保険適用の場合は3ヶ月に1回までとなります。頻度を増やしたいなど自費診療の場合は1ヶ月に1回なども可能です。

「単純性血管腫」「苺状血管腫」「毛細血管拡張症」が原因の赤ら顔の場合では、保険適用で治療が可能です。

下記のページで当院のVビーム治療について詳しく解説していますので、あわせてチェックしてみてください。

Vビームの効果やダウンタイムとは?赤いニキビ跡・赤ら顔を保険診療で治す!

フォトフェイシャル(ICON)

フォトフェイシャルは、IPL(インテンス・パルス・ライト)という特殊なライトを肌に照射する施術。メラニン色素やヘモグロビンに作用し、シミやそばかす、くすみやニキビ・ニキビ跡などの悩み改善に有効です

当クリニックで使用しているフォトフェイシャル機器「ICON(アイコン)」は最新型の治療機器で、強い冷却装置が搭載されており、高い出力でライトを照射できる特徴があります。

一般的なフォトフェイシャルは、日焼け後に治療を行うとやけどをする恐れがあります。しかし、当クリニックのフォトフェイシャルは照射する時間が短いため、やけどをするリスクが少ないです。

施術後、副作用としてかさぶたや水ぶくれができる可能性もありますが、数日後には自然と症状がおさまります。

フォトフェイシャルについては以下のページで詳しく解説していますので、ぜひ確認してみてください。

フォトフェイシャル(ICON)でシミやニキビ跡を治そう!その効果や特徴、注意点も解説!

QスイッチYAGレーザー(スペクトラ)

QスイッチYAGレーザーは、シミやそばかすなどの肌の色素沈着を除去する治療のこと

当院では、QスイッチYAGレーザーの中でもスペクトラという治療器を使用しています。シミやそばかす以外に、ニキビ治療にも効果が期待できる治療器です。ニキビによる炎症で起きて引き起こされる赤みを改善できる上、美肌効果も期待できます。

治療回数は体質や症状によって異なりますが、基本的には1ヶ月に1回程度のペースで治療を行います。短期間に何回も施術を行う必要はありません。

QスイッチYAGレーザー(スペクトラ)は保険適用外の自由診察になります。

QスイッチYAGレーザーの詳細は以下のページで紹介しています。あわせてご確認ください。

QスイッチYAGレーザー(スペクトラ)とは?肝斑除去など3つの効果と治療後の経過

赤ら顔の治療はアイシークリニックへ

赤ら顔になる原因は人それぞれで、主に以下の2つが原因として考えられます。

  1. 炎症
  2. 毛細血管拡張症

スキンケアで改善したり、メイクで隠したりするなどの方法もありますが、赤み・赤ら顔を根本的に改善するにはクリニックでの治療を検討しましょう

アイシークリニックでは、肌の深いところにはたらきかけるさまざまな施術で、赤ら顔の治療を行います。セルフケアよりも効果の高い治療が気になっている方は、ぜひ一度アイシークリニックへご相談ください。

アイシークリニック診療予約・
お問い合わせ

WEB予約

監修者医師

高桑 康太 医師

・2009年 東京大学医学部医学科卒業
・2012年 東京大学医学部附属病院勤務
・2019年 当院治療責任者就任

佐藤 昌樹 医師

2010年 筑波大学医学部卒
2012年 東京大学医学部附属病院勤務
2017年 アイシークリニック入職